BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

世界にたった一つの自分だけのWALLETを“サムライ”で作ってみないか?

男は「唯一無二」という言葉が大好き。ワチャワチャ湧いて出てくる量産型ザクよりも、真っ赤な機体のシャア専用ザクにかつて熱くなったように、『他に代わりがなく、ただ一つしかない』存在を目指すのは、もはや男の性である。持ち物だって同じこと。人と同じじゃつまらない……というかカッコ悪い。そろそろ、自分の持ち物を「唯一無二」化しちゃおうぜ、ということでカスタムオーダーの魅力とやり方を紹介しよう。

カスタムオーダー、それは男の浪漫だ。

そのはじめの一歩に選んだのは「ウォレット」だ。なんたって大切なお金を入れるものだし、毎日絶対に使う必需品だからね。今回実際にカスタムオーダーをしてみたサムライクラフトのWEBサイトでは、順を追ってウォレットのカスタマイズをサポートしてくれるので、カスタムオーダー初心者でも、安心して自分だけのウォレット作り上げることが出来る。

財布のカタチから革の種類、縫い糸の色、ジッパーテープ、飾りの仕様等々、細かくシミュレートできるのだ。もちろん、サムライクラフトのウォレットは、熟練の職人が手仕事で作り上げるので、その完成度は折り紙付きだ。レザーが大好物の本誌編集部モヒカン小川も、この機会にサムライクラフトのカスタムオーダーにチャレンジしてみた。

サムライクラフト公式WEBは
こちらから。

選択肢があり過ぎてマジで悩むぜ……でも楽しい! カスタム手順を解説!

STEP1.デザインのベースを選ぶ。

まず最初にカスタムしたい財布の型を選んだら、デザインのベースを選ぶ。とりあえず財布の型はラウンドジップタイプをチョイスしたモヒカン小川。デザインベースはウォレットチェーンを付けられる仕様やシンプルなものなどいろいろ選べるのが嬉しい。

STEP2.「カスタマイズサンプル」が超便利!

STEP1で紹介したデザインのベースは、「CUSTOMIZE SAMPLE」からも豊富に選択できる。ここにはいろんなカラーのサンプルが並んでいるため、直感的に自分の好みのベースを選ぶことが出来る。

モヒカン小川、多くのサンプルを見すぎて心が大きく揺れ動く。

STEP3.ウォレットの顔、それが表革。

デザインベースでウォレットチェーンを付けられるベーシックタイプを選んだモヒカン小川。財布の顔となる表革には、表情豊かなシュリンクレザーのブラウンを選択。

STEP4.すべてがカッコよくて正直迷います。

次のステップは「レイヤー」。ここではウォレットの周囲や縁を革で飾るインレイやオーバーレイをカスタムできる。写真のようなのもカッコいいが、シンプルにいくため断念。

STEP5.ハンドルはデザインのアクセントでもある。

ウォレットチェーン接続部分の補強の革も選択可能。ハンドル部は、デザインのアクセントにもなるので、インパクトの強い革が欲しいところ。で、クロコダイルをチョイス。

STEP6.財布の内側にもこだわりたい!

次は財布の内側のカスタムに着手。まず内側のベースの革はブラックのオイルレザーにし、カードケースの革をカスタムしてブラウンとブラックのバイカラーになるよう選択。お洒落じゃね?

STEP7.だんだん完成が見えてきた!

コインケースのタイプまでも選べるのが嬉しい。そもそもラウンドジップで、ジップの中にジップがあるのが鬱陶しいので、ファスナー無しを選択。これなら小銭も素早く出すことが出来る。

これがモヒカン小川仕様の“サムライ”ウォレットだ。

遂に完成したモヒカン小川仕様のサムライウォレット。シュリンクレザーのシボ感と、ハンドル部分のクロコダイルのコントラストが、たまらなくいい感じ。秋冬は革しか着ないモヒカン小川だけに、革ジャンとのコーディネイトを考えてジッパーテープもブラックにした。

ウォレットチェーン用のハンドル部分はクロコダイル革、丸カン金具のカラーはジッパーに合わせてゴールドに。うん、悪くない
プロセス紹介では端折ってしまったが、実際のカスタムオーダーではステッチの縫い色も選択可能。シックに決めたかったので黒をチョイス
ラウンドジップの場合、ジッパーテープの色は、ウォレット全体の印象を左右する。今回は革も糸もすべて黒か茶に統一。男らしい仕様に
こちらがウォレット内部。ブラウンとブラックのバイカラー仕様が、モヒカン小川のお気に入り。コインケースのジッパーが無いのも、すっきりしていて美しい。俺、頑張りました!
このウォレットなら、 お金が貯まりそうな気がするぜ

はじめてウォレットのカスタムオーダーにチャレンジしたが、これが本当に楽しい! いろんなカスタムを画面上で試せるのも、WEBのいいところ。みなさん、マジでおすすめです! 世界中どこを探しても、俺しか持っていない俺だけのウォレット、これは一生手放せないな。

ウォレットのカスタムオーダーは
こちらから。

今回の仕様

  • 表革:シュリンクレザー(ブラウン)
  • アタッチメント部:クロコダイル
  • リングカラー:ブラス
  • 内装革:オイルレザー(ブラック)
  • カードケースバイカラー:オイルレザー(ブラウン)
  • コインケース:ファスナー無し
  • ステッチ:ブラック
  • ファスナー生地:ブラック
¥70,500 (+TAX)

 

【問い合わせ】
サムライクラフト 
TEL022-739-7495
https://samurai-craft.com/

(出典/「Lightning 2020年11月号 Vol.319」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load