BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アメリカの3大自動車メーカー“ビッグスリー”とは?その主要ブランドと歴史を知る。

アメリカ車の歴史を支え続けたビッグ3といわれるメーカー「GM」「クライスラー」「フォード」は、3社だけでほとんどアメリカ市場を独占してきた。そこでここではビッグ3がこれまでに持ち主だった主要ブランドと現在も所有するブランドを紹介しよう。

1.GM(ジェネラルモータース)

1904年にビュイックの経営を任されたウィリアム・C・デュラントは、1908年に持株会社ジェネラル・モーターズを組織すると、1908年にオールズモビル、翌1909年にはキャディラック、オークランド(後のポンティアック)、リライアンス(後のGMCの一部)、カーターカーなどを次々と買収するが、デュラントは買収費用による負債を抱えGMの経営権を失ってしまう。

その後デュラントは1911年にシボレー創設に関わると、1916年にGMの株式を買い戻し復帰を果たす。さらにシボレーもGMの一部として買収。現在のジェネラルモーターズの基礎は、1910年代には完成していたことが判る。近年では経営破綻を境にブランドの集約が行われ、現在GMのブランドは「キャデラック」「ビュイック」「シボレー」「GMC」の4ブランドとなり、日本では「キャデラック」「シボレー」のみ展開されている。

CADILLAC(キャディラック)

FORD創設者のH・フォードが1899年に創業したヘンリー・フォード・カンパニーだったが、経営陣との対立からフォードが抜けてしまう。そこで1902年にヘンリー・リーランドが後任となり、車名をキャディラックに変更。1903年に車両の生産を開始する。1909年にはGMグループ入りし、同社の最高級レンジのブランドとなる。

BUICK(ビュイック)

デイビッド・ビュイックによって1903年設立されたビュイックモーター社を前身に持ち、その後会社を買収したジェームス・ホワイティングは、ウィリアム・デュラントに経営を任せるとその優れた経営手腕で有名メーカーとなり、1908年にGMを組織する際の中核となる。GM内ではミドルクラスブランドに位置づけられている。

Chevrolet(シボレー)

GM設立の立役者だったウィリアム・デュラントだったが、1910年に経営権を失ってしまう。そこでレーシングドライバーであるルイ・シボレーとともに1911年にシボレーを設立。さらにデュラントは1916年にはGMの株を買い戻しGMに返り咲くと、シボレーはGM内でエントリーモデルのブランドとして存続。現在まで続いている。

このほかに現行ブランドとしては、商用トラックからスタートした「GMC」がある。SUVやピックアップトラック、バンなどを中心に販売されている。

【廃止】PONTIAC(ポンティアック)

ポンティアックは、1909年にGMに買収された1908年創業のオークランドモーターカンパニーのブランドとして’26年に登場。名前はオークランドの創業地であるミシガン州の町名、そしてその地を治めていたインディアンの酋長の名前に由来する。GMの中級スポーティブランドだったが、2010年にブランドは消滅した。

【廃止】OLDSMOBILE(オールズモビル)

1897年にランサム・オールズが設立した自動車メーカー。1901年に美しいフェンダーラインを持つカーブドダッシュを発売。オールズ自身は会社を去り、REOモーアーカンパニーを立ち上げるが、オールズモビルは1908年にGMに売却され、同社の中級ブランドとなり、2004年までブランドは107年続くこととなる。

このほかに現在は存在しないブランドとしては、日本車に対抗する形で登場した「サターン(1985‐2010)」、圧倒的な存在感で今も記憶に新しい「ハマー(1992‐2010)」なども近年消滅している。

2.FORD(フォード)

現在のフォードは、1903年にヘンリー・フォードが設立した自動車会社に始まる。ちなみにヘンリー・フォードは、これ以前に二度の起業に失敗しているが、二度目の会社は、後にキャディラック社となり、GM傘下となる。また3度目の起業に際して多額の融資を行ったのが、後にクライスラー傘下となるダッジブラザーズの創始者、ダッジ兄弟である。

1922年にリンカーンを買収し、自社の高級車ブランドとした他、1938年にはマーキュリー、1958年にエドセルと自社内ブランドを立ち上げている。ちなみに他の2社が買収などによって創業者一族とは全く関係ない会社となっているのに対して、フォードは今でも一族で議決権を持つ40%の株式を所有していると云われている。

現行モデルは「フォード」「リンカーン」の2ブランド。日本からは2016年に撤退しているため、入手には並行輸入などの手が取られる。

FORD(フォード)

ヘンリー・フォードが創業したフォードは、リンカーンを買収し、自社内のブランドであるマーキュリーとあわせてミドル〜ハイエンド向けを担当させると、フォードブランドは一貫してローエンド向け大衆モデルを担当し続けている。モデルTの製造を続ける間、販売拠点の拡充に務め、一時は全米シェアの50%を占める大会社となった。

▼モデルTはこちらの記事にも登場!

USAカルチャー通5人が、この道にドップリ浸かるきっかけになったモノが知りたい!

USAカルチャー通5人が、この道にドップリ浸かるきっかけになったモノが知りたい!

2019年07月30日

LINCOLN(リンカーン)

リンカーンは1917年にキャディラック創業者のひとり、ヘンリー・リーランドによって設立され、第一次大戦前は航空機用エンジンを製造していた。その後1920年に高級自動車リンカーンモデルLを製造するが、経営はふるわず、1922年にフォードに買収されてしまう。合併後もフォード内で高級車ブランドとして現在も存続している。

【廃止】MERCURY(マーキュリー)

1930年代のフォードには、大衆向けのフォードと高級ブランドであるリンカーンしか存在しなかった。そこで1938年に両ブランドを埋める中級カテゴリーとして誕生したブランドだ。多くのクルマはフォードの兄弟車として大型エンジンや豪華な装飾を備えていた。2011年のグランドマーキーを最後にブランドは消滅している。

このほか「エドセル」「メルクール」などのブランドがかつて展開されていた。

3.CHRYSLER(クライスラー)

1925年にウォルター・クライスラーがチャーマーズ、マックスウェル両社を合併して自社の自動車を販売する会社として設立したクライスラーは、1928年にプリムスデソートというブランドを設立。さらに翌1929年にはダッジ・ブラザーズを買収し、ラインナップを強化する。また1955年には高級車ブランドとしてインペリアルを設立など、自社内での多ブランド化を図っていく。

1970年代に経営危機となると、フォードの社長を務めていたリー・アイアコッカが1978年に社長に就任。その後数多くの部門を売却することで経営危機を乗り切っている。一方1987年には、フランス・ルノー傘下だったアメリカンモーターズ(AMC)を買収し、同社傘下だったジープを手中に収めることとなる。

現在所有しているブランドは「クライスラー」「ジープ」「ダッジ」「ラム」の4ブランド。そのうち日本でも展開しているのは「ジープ」のみ。GM同様に、2010年には経営破綻しているが、それ以前の度重なる経営危機を乗り越えるうちに、創業直後に設立されたプリムス、デソート、そしてインペリアル、イーグルも姿を消している。

CHRYSLER(クライスラー)

1925年にウォルター・クライスラーが前年に発表したクライスラー6発売のために設立した会社だ。その後1929年にはダッジブラザーズを買収し、ラインナップを拡充した結果、アメリカビッグ3の仲間入りを果たす。クライスラーという名は、フィアットと合併した現在でもブランド名として存続している他、社名にも残っている。

DODGE(ダッジ)

1901年にジョンとホラティウスのダッジ兄弟によって設立された自動車部品会社にルーツを持つ。その後フォードモーターと業務提携をして多くの部品を納入していた。その後自社でも自動車の製造を開始し、フォードとは袂を分かつこととなり、1928年にクライスラーに吸収合併されてしまう。ブランドは現在でも存続中だ。

【廃止】PLYMOUTH(プリムス)

プリムスはクライスラー内で1928年に設立されたブランド名。当初は安価でパワフルなラインナップが特徴だったが、ダッジも似たようなラインを発売するなど、クライスラー内には他メーカーのような上下のブランド差別は明確に行われていない。2002年のグランドボイジャーを最後にブランド名は消滅してしまう。

 

このように、アメリカのモータリゼーションを支えたビッグスリーは、アメリカの富の象徴であると同時に、時代の荒波にもまれ、度々危機に見舞われつつも現在まで続いている。この3社でアメリカ車のほぼすべてを網羅してしまうという存在感は永遠なれ。

(出典/「別冊Lightning Vol.164 オールドアメリカンカルチャー」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load