BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

アメリカの3大自動車メーカー“ビッグスリー”とは?その主要ブランドと歴史を知る。

PAGE
2 / 4

1.GM(ジェネラルモータース)

1904年にビュイックの経営を任されたウィリアム・C・デュラントは、1908年に持株会社ジェネラル・モーターズを組織すると、1908年にオールズモビル、翌1909年にはキャディラック、オークランド(後のポンティアック)、リライアンス(後のGMCの一部)、カーターカーなどを次々と買収するが、デュラントは買収費用による負債を抱えGMの経営権を失ってしまう。

その後デュラントは1911年にシボレー創設に関わると、1916年にGMの株式を買い戻し復帰を果たす。さらにシボレーもGMの一部として買収。現在のジェネラルモーターズの基礎は、1910年代には完成していたことが判る。近年では経営破綻を境にブランドの集約が行われ、現在GMのブランドは「キャデラック」「ビュイック」「シボレー」「GMC」の4ブランドとなり、日本では「キャデラック」「シボレー」のみ展開されている。

CADILLAC(キャディラック)

FORD創設者のH・フォードが1899年に創業したヘンリー・フォード・カンパニーだったが、経営陣との対立からフォードが抜けてしまう。そこで1902年にヘンリー・リーランドが後任となり、社名をキャディラックに変更。1903年に車両の生産を開始する。1909年にはGMグループ入りし、同社の最高級レンジのブランドとなる。

BUICK(ビュイック)

デイビッド・ビュイックによって1903年設立されたビュイックモーター社を前身に持ち、その後会社を買収したジェームス・ホワイティングは、ウィリアム・デュラントに経営を任せるとその優れた経営手腕で有名メーカーとなり、1908年にGMを組織する際の中核となる。GM内ではミドルクラスブランドに位置づけられている。

Chevrolet(シボレー)

GM設立の立役者だったウィリアム・デュラントだったが、1910年に経営権を失ってしまう。そこでレーシングドライバーであるルイ・シボレーとともに1911年にシボレーを設立。さらにデュラントは1916年にはGMの株を買い戻しGMに返り咲くと、シボレーはGM内でエントリーモデルのブランドとして存続。現在まで続いている。

このほかに現行ブランドとしては、商用トラックからスタートした「GMC」がある。SUVやピックアップトラック、バンなどを中心に販売されている。

【廃止】PONTIAC(ポンティアック)

ポンティアックは、1909年にGMに買収された1908年創業のオークランドモーターカンパニーのブランドとして’26年に登場。名前はオークランドの創業地であるミシガン州の町名、そしてその地を治めていたインディアンの酋長の名前に由来する。GMの中級スポーティブランドだったが、2010年にブランドは消滅した。

【廃止】OLDSMOBILE(オールズモビル)

1897年にランサム・オールズが設立した自動車メーカー。1901年に美しいフェンダーラインを持つカーブドダッシュを発売。オールズ自身は会社を去り、REOモーアーカンパニーを立ち上げるが、オールズモビルは1908年にGMに売却され、同社の中級ブランドとなり、2004年までブランドは107年続くこととなる。

このほかに現在は存在しないブランドとしては、日本車に対抗する形で登場した「サターン(1985‐2010)」、圧倒的な存在感で今も記憶に新しい「ハマー(1992‐2010)」なども近年消滅している。

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load