BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

オリジナルペイントを残して当時の姿に!レストアしたアーリーブロンコがカッコいい。

ここ最近旧いクルマを見かける機会が多くなった。というのも、世の中がエコ化する中で、旧いモノが見直されその価値がどんどん高まっているためだ。ちなみに今のアメリカでは、’80年代後半の日本車人気も急上昇中で、その価格は急上昇している。

そんな旧車に乗ることは、世間的にはステータスになってきたといえる。そこで、アーバンなオフローダーを探してみる。しかも旧車で。ワゴニア、クラシックレンジもいいけど、よりスパルタンなオフローダーといえるのが、この初代ブロンコ=通称アーリーブロンコなのである。

極上のブロンコを日常の“足”に使う贅沢。

【1974 FORD BRONCO】

今回紹介するのは、’74年式のブロンコ・レンジャー。なんとオリジナルペイントを維持しながら、足周りから機関、内装までをフルレストアした極上な1台だ。この華奢な感じが最高にカッコいい!

フロントフードとサイドに施されたステッカーが「レンジャー」グレードの証。オーナーの山崎さんは、以前はディフェンダー90の最終モデルを愛用していたが、たまたま1年くらい前に個人売買で入手した。この1台は、『ガレージ弦巻』がオクラホマから輸入してきた1オーナー車で、前オーナーが国内1人目。「手放さずにずっと乗り続けます」と現オーナーの山崎さん。サーフィンから毎日の仕事までどこでもこれで移動するとは、なんて贅沢!

ヤシの木や塊根植物を世界中から買い付け、日本各地に所有するファームで育成し、茨城にあるショールームを起点に個人宅から行政の仕事まで請け負う山崎宣令さんの営む水戸市にある『けしきや』ショールーム。ヤシの木や塊根・多肉植物を取り入れた空間=ガレージやグランピング、エアストリームを使った店舗やホテルなどを提案している

当時の姿を残す【1974 FORD BRONCO】の細かなディテールを拝見!

純正のフォードブルーが美しいオーバーホール済みのフォード社製302cu.in(約4.95L)のV8エンジンを搭載。ラジエターは大容量のアルミ製に変更している。

アーリーブロンコのダッシュボードは、ボディカラーと同色で塗られた鉄板剥き出しのスパルタンな仕様。ホーンリング付きのステアリングが雰囲気抜群だ。タコメーターを後付けし、木製のカップホルダーを取り付けた以外は、基本的に純正のままのコンディションを維持しながら乗っている。

左側だけリア周りのウィンドーに“ステッカーチューン” を。購入後、以前から貼られていたステッカーの一部を残しつつ、自分の好きなものに貼り変えた。ブロンコにこの雰囲気がよく似合う

アーリーブロンコはリアにベンチシートを装備。シートを外して荷室にするオーナーもいるが、山崎さんはシートに雰囲気のよいブランケットをあしらい、そのまま愛用するショートボードを積載する。

1974年のオリジナルペイントを維持しており、レンジャーならではのステッカーも同様。ヒビ割れて枯れた風合いが魅力的だ。BFグッドリッチのオールテレーンにボディと同色に塗装した鉄チンホイールを履き、純正のホイールキャップを装備している。

▼年式違いのガレージ弦巻でレストアされたアーリーブロンコもチェック!

新旧アメリカン4WD「アーリーブロンコ」で洒落ていくか、「最新ジープ」でタフに決めるか?

新旧アメリカン4WD「アーリーブロンコ」で洒落ていくか、「最新ジープ」でタフに決めるか?

2018年04月21日

(出典/「Lightning 2019年6月号 Vol.302」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load