BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

祝復活!フォードの元祖SUV「ブロンコ」の初期型“アーリーブロンコ”をおさらい!

24年ぶりの復活が発表されたフォードを代表するSUV「ブロンコ」。もちろん新型にも注目なのだが、やはりアメリカ車好きからすると、小型で可愛らしい目のようなライトの初期型“アーリーブロンコ”は時代を超えて愛すべき存在。それは日本だけでなく、アメリカでも同じ。カリフォルニアの街にはいまもたくさんのアーリーブロンコが走ってる。新型発売を機に、さらに注目度が高まっているアーリーブロンコについて、今一度振り返ってみよう。

1965年誕生。世代を超えて人気の、アーリーブロンコ。

【1976 FORD BRONCO】無骨なデザインの中に、どこか愛嬌のあるアーリーブロンコのスタイルは、時代を超えて人気が高い。V8搭載車なので、パワフルで非常に乗りやすい(取材協力:GARAGE弦巻 http://garage-tsurumaki.com

本来悪路を駆け抜けるために生まれた四輪駆動車を、おしゃれに街で乗るという文化を作ったのは間違いなくアメリカであり、ブロンコは、ジープに対抗すべく、フォードが初めてリリースしたコンパクトSUVだ。

CJ-3Bの後継モデルとして’54年に登場するCJ-5は、ウイリス時代からカイザー時代にまたがって30年にも渡って製造されたベストセラーモデルだ
インターナショナル・スカウトは、アーリーブロンコと同様、ジープの対抗馬として生まれたので当然フルオープンモデルも存在。西海岸では根強い人気を誇る

1965年8月、ジープ「CJ-5」インターナショナル「スカウト」など、当時急成長を遂げていた4WD市場にフォードが満を持して投入され、1966年のデビューから10年以上大きなモデルチェンジをすることなく生産を続けたが、1978年に登場する2代目ブロンコは、F-150をベースとしたフルサイズSUVになってしまい、巨大化してしまう。

▼ジープとの比較記事もおすすめ!

新旧アメリカン4WD「アーリーブロンコ」で洒落ていくか、「最新ジープ」でタフに決めるか?

新旧アメリカン4WD「アーリーブロンコ」で洒落ていくか、「最新ジープ」でタフに決めるか?

2018年04月21日

そんな2代目と区別すべく、初代モデルは“アーリーブロンコの愛称で今でもファンが多い。撮影車両は’73年式の最上級グレード、レンジャーで、内装はシートも含めてオリジナルという希少な個体だ。

全長はなんと4m以下と非常にコンパクト。モデルチェンジで2代目になるといきなり50㎝以上全長が伸びてしまうことからも、当時では珍しくコンパクトなクルマだったことが判る

サイズは、長さ3863×幅1755×高さ1809㎜と後年サイズが大きくなっていったブロンコに比べて写真を見れば歴然、だいぶ小型である。それでいてエンジンはV型8気筒、排気量302cid(約5L)とパワフルな走りが魅力であった。

左上:エンジンはV8の302ciで、3速ATの組み合わせとなる。補器類も含めてピカピカにリフレッシュされている 。右上:最上級グレードレンジャーのみに設定された千鳥格子のブルーシートはなんとオリジナル。トリム類も豪華。左下:当時のオプションでガソリンタンクを2つ備える。当然給油口も2つ並んでいる。右下:フロントフェンダーに備わる丸みを帯びたエンブレムがスクエアなデザインのボディによく映える

レンジャーはボディモールディングやクロームパーツを多用した高級グレードで、内装も専用の千鳥格子柄のシート生地やトリム類の多いドアパネルなどを有する。さらにこのクルマは本来ホワイトとなるルーフも新車時にオプションでボディ同色とし、さらにエンジンも初めからV8エンジンと3速ATとかなり贅沢。機関系を含めてしっかりとレストアされ、新車のように生まれ変わっている。

レンジャーのみ標準装備となるホイールキャップを備える。この車両は通常ホワイトとなるルーフもボディ同色でペイントされているが、新車時にオーダーしたスペシャルペイントであることが判明している
丸目二灯のヘッドライトがスクエアなボディに唯一優しさを与えている。この独特のフロントフェイスのファンも多い。ヘッドライトベゼルは凹凸のあるブロンコの象徴的ディテールだ
  • サイズ:全長3863㎜×全幅1755㎜×全高1819㎜
  • ホイールベース:2337㎜
  • エンジン:水冷4ストロークV型8気筒
  • 総排気量:4948㏄(302ci)
  • トランスミッション:3速AT
  • 駆動方式:パートタイム4WD
  • ブレーキ:ディスク(フロント)、ドラム(リア)
  • タイヤサイズ: 235/75-15(フロント&リア)

ハリウッドセレブも注目するカスタム・ブロンコ。

アーリーブロンコの愛称で知られる初期型のフォード・ブロンコ。1966年に登場しコンパクトな車体やカラフルなカラーリングは、日本でも高い人気を誇る。先に述べたように、発売当時はジープCJがライバル車種として位置づけられていたことでも知られる。そんなアーリーブロンコ、カスタムベースとしても人気となっている。

【1973 FORD BRONCO】

こちらの驚くほど真っ黒な’73年式アーリーブロンコ。カスタムを手掛けたのはカリフォルニア州のベニスにある「ASC BRONCO」だ。アーリーブロンコ専門のショップとして知られる存在で、アグレッシブなルックスの西海岸らしいカスタムを得意とする。ハリウッドセレブも時々訪れるという人気のショップだ。

ポップなイメージを持つブロンコのカラーリングとは対照的な、つや消しのシャドウグレーで塗装されたボディは、まるで軍用車を連想させる。エンジンは2016年式のクレートモーターにスワップし、ミッションも6速ATへ
と換装しているため、高いパフォーマンスを誇る一台へと昇華。

エンジンは2016年式フォード製の5リッターのクレートモーターを搭載。通称コヨーテと呼ばれるエンジンは最大出力420hpを誇り、軽々と吹け上がる機種としても知られる

エアコンやLEDヘッドライトなど内外装に使われるパーツも近代的な装備へとアップデートされ、現代車両と変わらない快適さを有している。見た目は旧くとも、中身は最新、まさにカリフォルニアならではのスタイルと言える仕上がりを見せている。

ヘッドライトは「JW SPEAKER」のLEDライトに変更しているため、現代的な顔つきとなっているのが特徴。グリルも外装と同色のつや消しのシャドウグレーで統一した西海岸らしいセンス

▼この新車と見紛うばかりのアーリーブロンコの詳細はこちらの記事をチェック!

“旧い顔でも中身は最新”なクルマがアメリカで人気です。【アーリーブロンコ】

“旧い顔でも中身は最新”なクルマがアメリカで人気です。【アーリーブロンコ】

2017年06月18日

Lightning本誌の取材でたびたび訪れているカリフォルニアのこちらの「ASC BRONCO」。別の日に訪れた際にはこんなブロンコも鎮座していた。

【1971 Ford Bronco】

搭載されるエンジンはフォード製302V8(排気量約5000㏄)で、キャブレターではなく、インジェクションシステムにアップデートしているので扱いは簡単。日本ではオリジナルをレストアする場合も多いが、こちらではガラッと旧いモデルをアップデートしちゃうのが人気。アーバンカスタムが潮流のようだ。

▼こちらの記事もチェック!

ロサンジェルスではもはや定番化!? 旧型オフ車のアーバンカスタム。

ロサンジェルスではもはや定番化!? 旧型オフ車のアーバンカスタム。

2020年09月22日

本当にたくさん走っている! カリフォルニアのカスタムブロンコを拝見!

足周りからフレームまで抜かりなくカスタムされたオフロードの仕様のアーリーブロンコ・ピックアップ。日本ではあまり見かけなくなったカスタムだけに、とっても新鮮。やはりブロンコはこうでなくちゃ!

年式は旧いが、しっかりとレストア&カスタムされたアーリーブロンコ。一見フルオープンだけど、ルーフ上部だけに幌をセットするスタイル。

どうやら、アーリーブロンコはホントに人気なんだと実感するのは、けっこうな頻度で見かけるから。ビーチサ
イドだけでなく、都市部でもよく出没するアメリカ旧車の代表である。

輸入もレストアも故障もお任せ! 日本屈指の中古アーリーブロンコ販売店「Garage弦巻」。気になる価格相場もチェック!

アーリーブロンコを中心に丸目時代の4×4を取り扱う「ガレージ弦巻」と「ブロンコランチ」の両ショップ。いずれも世田谷区の住宅街の真ん中にある異色のショップだ。

ガレージ弦巻から数分の場所にあるブロンコランチは、レストアが完了したアーリーブロンコの販売車両が並ぶ

すでに生産から何十年も経過しているため、基本的には自社内でレストアされた車両を販売。ブロンコはアメリカにも専門ショップが多く、純正パーツはもちろん、社外のパーツも豊富に揃うため、クロームパーツもちろん、レンズやゴム類にいたるまでほとんどが新品という状態にすることができるのだ。

ノウハウ はもちろん、パーツのストックも豊富なので、テールレンズやエンブレムなどのパーツも新品が入手可能。この他にもエンジン関係のパーツなど、多くのパーツをストックすることで、修理も迅速に対応することができるのだ
左から店長の神津さん、メカの丸山さん、メカの鈴木さん。いずれもブロンコやヴィンテージ4×4に精通したプロフェッショナルだ

「アーリーブロンコはアメリカでも人気が高く値上がり傾向にありますので、状態の良いクルマを手頃な価格で探すというのが難しくなりつつあります。ウチでは純正色で、『アンカット』と呼ばれるフェンダーがカットされていない個体を中心に揃えています。またお好みの車両もお探しいたしますので、お問い合わせください」

「ブロンコは構造がシンプルなので、状態を把握しやすいクルマです」と丸山メカ。

「Garage弦巻」ではピックアップも人気! おすすめアーリーブロンコを紹介!

アーリーブロンコには、トップ形状の違いから、ワゴン、ピックアップ、そしてロードスターという3種類のバリエーションが存在する。日本では圧倒的にワゴンが人気で、タマ数も多いそうだが、現物を見てしまうとピックアップモデルもなかなかカッコいい!

1969 FORD BRONCO“Patina Package”(フォードブロンコ“パティナパッケージ”)

Boxwood Greenのボディはなんとオリジナルペイント。オリジナルの風合は新しい塗装では絶対に再現できないもの。そこでPatina Packageとして、オリジナルの外装を残しつつ、内装をリフレッシュし、機関系をしっかりとレストアした。302cidエンジンもオーバーホール済みというファン垂涎の一台。価格は410万円(税抜)

302cidエンジンもオーバーホール済み!
オリジナルの外装を残しつつ、内装はリフレッシュ!

1975 FORD BRONCO Ranger(フォードブロンコレンジャー)

クロームパーツやトリムが多用されたRanger(レンジャー)という最上級モデル。ボディカラーはGlen Greenという人気色で、内装はブラウンのシートやドアトリム、カーペットなどRangerならではの豪華な内容。価格は問い合わせて欲しい。

※すべて取材当時の情報です。

【DATA】
Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
TEL03-3425-7313
営業/10:00〜18:30
休み/日曜
http://garage-tsurumaki.com/

▼Garage弦巻でレストアしたアーリーブロンコに乗るユーザーの声もチェック!

オリジナルペイントを残して当時の姿に!レストアしたアーリーブロンコがカッコいい。

オリジナルペイントを残して当時の姿に!レストアしたアーリーブロンコがカッコいい。

2020年11月10日

長年愛されてきたアーリーブロンコ。新型ブロンコにも注目だが、こちらも人気は継続中。いい個体を探すのはなかなか至難の業になってきているので、この機会にチェックしてみてはどうだろうか? 日本の道路や住宅事情にも合ったサイズ感となんとも言えない可愛らしい顔は、きっと女性ウケも間違いないはずだ。

(出典/「Lightning 2016年9月号 Vol.269」「別冊Lightning Vol.165 VINTAGE CARS」「別冊Lightning Vol.188 ヴィンテージカーダイジェスト」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

No more pages to load