BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

こいつはヤバイ!電源不要の好デザイン「フレアエスプレッソ」のFLAIR PRO2がイイ。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、エスプレッソはカフェラテかアメリカーノ派。ドリップコーヒーは昨今流行の浅煎りも深煎りも大好きで、けして違いのわかる男ではない(笑)というコーヒー生活者・ラーメン小池がお届け!

電源不要で、持ち運べるから、屋外でも使える!

いつのころからかはまったく記憶に無いが、大のコーヒー党である。アメリカに海外取材に行けばドリンクはコーヒーかコカ・コーラという始末。普段でも朝起きたら、まずはコーヒーを淹れることから始まる。

今愛用しているのは豆を入れれば全自動で抽出してくれるマシン。豆から淹れるので風味は抜群。もちろん、豆をマシンに入れて、抽出後はマシンの掃除もしなくてはいけない面倒くささは多少あるけど、インスタントコーヒーでは味わえない風味を憶えてしまうともう逃れられない。ひとつ上の味を知るためには、多少の労力は惜しんではいけないのだ。

フレアエスプレッソのFLAIR PRO2

いわゆる電源が必要なエスプレッソマシンから比べれば明らかにシンプルな出で立ちで、一見したらこれが何のマシンかわからないほど。といっても造形としてすばらしく、キッチンに置けばその雰囲気も2割増しであることは間違いない。そこから抽出されるエスプレッソはプロのバリスタも太鼓判という逸品。デザインと機能が両立したプロダクツって無意識に欲しくなる。3万9800円(フレアエスプレッソ https://flairespresso.jp)

そんなコーヒーライフのさらなる上を目指そうとエスプレッソマシンが欲しいなと思い始めたここ最近。そんな話をよく行くバーのマスターとしていたら、フレアエスプレッソなるアイテムを紹介してもらった。調べれば電源不要で持ち運びもでき、どこでも風味豊かなエスプレッソが飲めるという代物。

しかもデザインも極めて洗練されていて、ン十万円もする電動マシンよりもリーズナブルと来たもんだ。プロとして活躍するバリスタにも高評価で、ウエブには丁寧に抽出のやり方をレクチャーしてくれる動画もアップされている。こいつでもうひとつ上のコーヒーライフをただいま模索中だ。

エスプレッソマシンって手動でもできるのねと教えてくれたのがこれ。各パーツの素材や造形にもこだわっているので、マシンとしての美しさがある
それぞれのパーツは抽出するごとに洗浄する必要があるので、分解することが可能。コンパクトに収納もできるので、 アウトドアに連れ出すことも容易
アウトドア派のコーヒー好きにうれしいのは電源不要なため、お湯とコーヒー豆の粉さえあれば抽出する場所を選ばないこと。外でも楽しみたいよね

【問い合わせ】
フレアエスプレッソ
https://flairespresso.jp

(出典/「Lightning 2020年12月号 Vol.320」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load