BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

50代を共に過ごす相棒「Schott(ショット)」の503UST COLORED ONE STARを手に入れる。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、DIGNAで遠近両用メガネをゲットした日に、渋谷のグランドストアでこいつをゲットしたという革ジャン評論家・モヒカン小川がお届け! 嬉しくなって編集ADちゃんと飲みに行き、その後、酔い心地でエポレットを切ったというのは裏話。

俺、こいつで人生の第2ステージ迎えます。「Schott」の503UST COLORED ONE STAR

私、齢49を迎え、五十路イブを記念して、人生初のグリーンの革ジャンを手に入れました。「なぜグリーン?」と聞くのは、愚問である。カッコよかったからである。あまりに嬉しくて、さっそくその日にエポレットとベルトをハサミで切っちゃった。

ジオングを前にした“赤い彗星”シャア大佐が、整備兵に向かって「脚はついていないのか……」と呟いた際、その整備兵が「あんなものは飾りです。偉い人にはそれがわからんのです!」と言い放ったあの名シーン(知らない人、ごめんなさい)。たしかに宇宙(そら、と読みます)での戦闘において、脚は必要ない。

同様に、俺の地上における生活においても、エポレットとベルトはまったく必要ない。だから躊躇なく切った。マジで要らないんだもん。周囲から「ワンスターを切るなんて信じられない」とのお言葉をいただいたが、俺はワンスターを切ったのではなく、あくまでエポレットを切っただけ。ワンスターの“魂”まで、切ったわけではない。

深いグリーンの色味が魅力の、503USTカラードワンスター。定番の613USTワンスターをデザインベースに、「NEW NAKED」という、厚みがありながらも柔らかい牛革を採用した新感覚の革ジャン。本来はエポレットとベルトを装備するが、小川が切ってしまった。12万5400円(Schott Grand Store TOKYO TEL03-3464-1913 http://www.schott-nyc.jp)

まぁそれはいいとして、そもそも肩が張るように見えてしまうエポレットは好きではないが、特にこの503USTは、非常に柔らかい牛革を使っているので、肩をちょっと落とした感じで着るのもアリ。エポレットがあったら、そんな「いい意味で若干ルーズ」な雰囲気を、醸し出せなくなっちゃう。

この503USTを試着した際、ジャストサイズは38だったが、今回はあえて40を選んだ。フロントを閉めてもストレスは全く感じず、色もグリーンなので、ライダース特有の「頑張ってる感」もまったくない。50歳を前に、そんな“余裕”を持って、ライダースと向き合うのもいいかなと思ったわけ。気付けば半世紀も生きて、老眼も始まったけど、まだまだ人生楽しいぜ。

こちらが、エポレットとベルトを装備した 正しい姿。王道のダブルながら、カラーがグリーンなので印象がマイルドに
これぞワンスターのアイデンティティ……なのだが、モヒカン小川は、肩が張ったように見えるこのエポレットが苦手
首元には、メイド・イン・U.S.A.のタグが誇らしげに輝く。これぞダブルライダースのマスターピースであるワンスターの証だ

【問い合わせ】
Schott Grand Store TOKYO
TEL03-3464-1913
http://www.schott-nyc.jp

(出典/「Lightning 2020年12月号 Vol.320」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load