BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

妥協でカレンダー選んでない? インテリアとして秀逸なウッドフレームカレンダーがおすすめ!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、小汚いアンティークファニチャーや雑貨、それに古着がたくさんあるインテリアの自宅に暮らす、デニム&アメリカ車通・ラーメン小池がお届け!

インテリアとして欲しいと初めて思えたカレンダー。

気がつけば今年も終わろうとしているなあと、歳を取れば取るほど月日の流れるのは早く感じるもので、そんな気持ちになるほど、自分もおっさんになったなあと実感せざるを得ない悲しい今日このごろ。

年末が近づいてくると、来年のカレンダーが書店でも販売され始め、これまた年の瀬を感じる風物詩にもなっている。そんなカレンダーも、実は今までどこか惰性で購入していたことに気がついた。きっとそれは「いわゆる」なカレンダーしか知らなかったから。

世の中では今をときめくアイドルのグラビアカレンダーなんかがマーケットのメインなんだろうけど、もちろん、そんなカレンダーに触手が伸びることもなく、シンプルなデザインの、いわゆる使い勝手の良いカレンダーを「これでいいかな?」的な感覚で毎年買っていたような気がする。

アルカディアカンパニーのオリジナルカレンダー

カレンダーといえば、祝日やちょっとしたメモを記入する余白があったりするものだけど、ただただヴィンテージを追求したデザインがうれしい。1980円、ウッドフレームは4400円(アルカディアカンパニー TEL075-432-8254 http://www.arcadia-company.jp)

しかし、これは欲しいと思わせてくれたのが、京都にあるアンティークショップ「アルカディア」が手がけたオリジナルカレンダー。これは1931年に存在したカレンダーをデザインモチーフに、B4サイズで来年の暦にデザインし直したアイテム。戦前のインダストリアルファニチャーをメインに扱うアルカディアらしいアプローチで、別売りで雰囲気抜群のウッドフレームも販売している。

毎月が1枚ずつのシートになっているので、ついつい入れ替えるのを忘れそうだけど、デザインが秀逸なので、気がつかないかも

あくまでデザイン重視なので、祝日もわからなければ、メモを書けるスペースすらないというデザインに特化しているところがさすが。まさにインテリアとして部屋に飾ることができるカレンダーなのだ。こいつに出会ったおかげで今年のカレンダー選びが「これでいいかな?」から「これが欲しい!」に変わったことは言うまでもない。

ウッドフレームをいっしょに購入すれば、来年からは中身だけを買えばオッケー。ウッドフレームもアンティーク感抜群だ

【問い合わせ】
アルカディアカンパニー
TEL075-432-8254
http://www.arcadia-company.jp

(出典/「Lightning 2021年1月号 Vol.321」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load