BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

まさかの永久保証付き! グレンクライドの靴下「ライフロングTS-1」がスゴイ。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、無地の靴下で唯一持っているのがリアル・マッコイズ。「リアル・マッコイズの靴下も頑丈で隠れた名品。ルーズソックスみたいに足元で溜めて履くのが好き!」という編集部の何でも屋・サカサモトがお届け!

まさか、永久保証の靴下が存在するなんて!

特にこだわっているわけではないけれど、普段履いている靴下を見ると同じブランドばかり。主に杢タイプならウィグワム、柄モノならロースターソックス。私自身がその現状に満足しているため(思考停止ともいう)なかなか新たなブランドに手を出すきっかけが無かった。

特に無地の靴下はほとんど持っていないため「なんかいい靴下が無いものか」と喫煙所で一緒になった営業ホンダに相談したところ、教えてもらったのがこの靴下。太いリブのデザインは自分好みだけど、無地のため普通すぎるほど普通……と思っていた。

太いリブがカジュアルさを演出する。杢の柄はどれも細かいため、短靴などきれいな着こなしにも合わせやすい

が、この靴下はコーデュラとコットンの混紡糸で編まれているため、とにかく耐久性が強いのがウリ。しかも穴が空いたら永久に交換保証してくれるという。いやいや、スナップオンの工具じゃあるまいし、靴下の永久保証って超ヤバい。それほどメーカー側の自信が現れているというわけだ。

目の詰まった肉厚な生地感が特徴。強度を増すため糸にはコーデュラを混ぜているが化繊の質感はほぼ無い

生地自体はしっかりした肉厚な質感だが、超分厚いというわけでもなく、化学繊維感があるというわけでもなく、いたって普通というところも好印象。色も良いので、まずは無地から揃えていきたい。メーカーのHPに書かれていたキャッチコピーの「あなたが買う最後の靴下です」に偽りはなさそうだ。

ブランド名が表す通りとにかく頑丈なのがウリ。穴が空いたら交換も保証するというサービスにも脱帽!

グレンクライド「ライフロングTS-1」

写真のTS-1はカジュアル用で、他にも細いリブのビジネス用やアンクルソックスなど展開も豊富。カラーも定番が揃っているため複数購入は必至だ。各2200円

【問い合わせ】
グレンクライド
TEL03-6205-7171
http://glen-clyde.com

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)

SHARE

PROFILE

サカサモト

Lightning / 編集者

サカサモト

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

編集部のなんでも屋。CLUB HARLEY→Lightning→2nd、そして再びLightning編集部へ移籍。結果クルマ、バイク、古着などオールラウンダー編集者に。ニックネームは、スキンヘッドにヒゲ面をいう「逆さ絵」のような顔に由来する

サカサモトの記事一覧

No more pages to load