BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

フリースの質感に似た、特殊なウールの風合いが魅力的な「gold」のパーカに注目!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、トレンドはそれほど気にしていないけど、やっぱりトップスやアウターは大きめが気分な編集部随一の古着通・ランボルギーニ三浦(デカすぎると手放してきたヴィンテージ古着が悔やまれる……と哀しみ中)がお届け。

見た目も機能性も今すぐ着たい1着!

東洋エンタープライズは、シュガーケーンやバズリクソンズ、サンサーフにテーラー東洋、ホワイツヴィル、インディアン、チェスウィック……などなど、手掛けているブランドは実に多い。その特徴は、それぞれが1つのジャンルに特化したブランドだということ。すべてヴィンテージをもとに、細部まで再現しているのも共通点だ。

そういう意味では、今回紹介する「gold(ゴールド)」というブランドは、他とは一線を画す存在だろう。私の印象では、goldはジャンルに関係なく“今の気分をカタチにしたプロダクツ”を展開している。つまり、トレンド感=ファッション性が強い。

しかしながら、縫製や部材、生地など細部までヴィンテージをもとに、とことん突き詰めているのが、一般的なファッションブランドと異なるところだ。だからこそ、一見“ぶっ飛んだ”プロダクツであっても、王道のヴィンテージジーンズとだって違和感なく合わせられるというわけ。

以前、私はgoldのカタログ制作を担当していた。個人的にはその時からすごく好きなブランドで、今でも様々なプロダクツを愛用している。goldのプロダクツは、冬物が一番面白いと私は思う。特にウールやカシミヤなどの冬素材は、高級感と機能性を担保しながら、遊び心とトレンド感のあるプロダクツが多く、毎シーズンすごく楽しみな存在。

gold「Boucle Wool Knit Parka」

品名のBoucle(ブークレ)は仏語で「輪」のこと。その輪(ループ)状の生地感、ざっくりしたサイズ感、ウールニットらしい暖かさが魅力だ。私はグレーを選んだが、他にブラックとベージュも展開。各2万9480円(東洋エンタープライズ TEL03-3632-2321)

今年は、このパーカをオーダーした。「冬なのに色落ちジーンズを主役にしたい」という今季の私のテーマどお(!?)、色落ちジーンズによく似合う! フリースが流行中だが、その質感に似た特殊なウールの風合いもすごくイイ! もっと寒くなったら、タートルネックと重ねるつもりだ。

生地裏はこんな感じ。パタゴニアのウールパ イルのような風合いといえば分かりやすいだろうか。とにかく暖かく肉厚なのに軽量だ
ウール89%・ポリエステル11%の混紡素材で、フリースのような起毛感もいまの気分的にぴったりな嬉しいポイント!
いつもどんなウエアでもLサイズを着用しているが、このパーカはかなりざっくりした大きめの作りなので、久々のMサイズ!

【問い合わせ】
東洋エンタープライズ
TEL03-3632-2321

(出典/「Lightning 2021年2月号 Vol.322」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load