BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

全部わかる? ジーンズの知っておきたい13の部位と名称。

ヴィンテージジーンズに関する用語や基礎知識を知っていれば、様々なブランドの新作モデルをさらに深く理解することができる。そのために必要な基本の「キ」を説明しよう。

1.コインポケットとは?

その昔は懐中時計を入れていたと言われるコインポケット。両サイドのリベット参照)留めは、大抵のモデルが第二次大戦期のみ廃止されたが、戦後に復活。ポケット口には’60年代くらいまでセルビッジ参照)付きが多かった。

2.トップボタンとは?

ウエストバンド参照)の中央にあるボタンをトップボタンと呼ぶ。一般的にはこのボタンにはブランドロゴが入っているが、大戦期のモデルには当時の既製品である無地や月桂樹柄などのボタンが使用されたものも存在する。

大戦モデルの月桂樹柄トップボタン

3.フロントフライとは?

前身頃の生地が重なる部分をフロントフライと呼ぶが、ジーンズにはボタンフライ、またはジッパーフライの2種類が存在する。一般的には生機(洗うと縮む)デニムは前者、防縮加工デニムは後者が多い。なぜなら生地が縮むと、ジッパーが噛み合わずに破損するためだ。

4.ウエストバンドとは?

’30年代後半以降の下側がチェーンステッチに変更されたもの

ウエスト周りの帯状のパーツをウエストバンドと呼ぶ。’30年代後半になると、この下側部分はチェーンステッチで縫製されるが、上部はシングルステッチ縫製のままで、’60年代後半から上部もチェーンステッチになる。

’60年代後半以降の上下ともにチェーンステッチになったもの

5.リベットとは?

前述のようにリベット留めによる補強は、1873年に特許を取得した、いわばジーンズを象徴するもの。当初は下の写真のように平たく中央に叩いた痕のある形状だった。リーバイスはこの刻印である程度の年代判別ができる。

6.股リベットとは?

リベット補強が施されたもの

第二次世界大戦期までは、リーバイスに限らず多くのメーカーのジーンズやワークパンツの股にリベット補強が施されていた。その後、物資統制によって廃止され、1960年代頃からカンヌキ留めによる補強がなされた。

カンヌキ留め

7.ポケットスレーキとは?

ポケットの内布のことで、第二次大戦期は物資が不足したことから生成りコットンツイル生地ではなく、様々な生地で代用された。珍品ではデニムやネル、ヘリンボーンなどがある。この部分のリベット裏側が銅のものほど旧く、リーバイスでは1960年代前半まで使われていた。

8.セルビッジとは?

平耳
綾耳
ロック留め

デニム生地の耳のこと。平織りの「平耳」、綾織りの「綾耳」、耳のないロック留めがある。平耳は戦前に多く見られる。1960年代以降、デニムの生地幅が広くなり、耳の無い生地端にロック留めを施すようになった。

9.ネームラベルとは?

リーバイスは2頭の馬がジーンズを引くデザインで堅牢さをアピール。各メーカーの個性はラベルの意匠にも見て取れる

ウエストバンドの後ろ側に取り付けられた、ブランドや型番などの情報が刻まれたパッチのこと(革製のものは革パッチとも)。ネームラベルの素材は、ブランドによって様々だが、高級ブランドは革製のものが多かった。最も参考にされているリーバイスは、1950年代半ばに革製から紙製に変更。革製だった時代、廉価モデルには下の布製ラベルが付属した。

10.バックシンチ

リーバイスに限らず、ほぼ全てのバックシンチが第二次大戦期に姿を消した。これはもともとサスペンダーで吊っていた時代のウエストサイズ調整用。写真のように年代により形状が異なる。左上から時計回りに新しくなる。

11.ベルトループとは?

その名の通り、ベルトを通す輪っか状の部分を指す。1930年代後半からベルトが普及し始めたことで、ジーンズにもベルトループが付けられた。

特にリーバイスでは、当初はワークパンツらしい幅の広い仕様(左写真)だったが、戦後から右写真のように幅は細く変更された。

12.バックポケットとは?

お尻の位置にあるポケットのこと。バックポケットの両サイドを外からリベット留めした仕様は、リーバイスは1936年に廃止。多くのワークパンツも1950年頃には廃止した。そのため、この有無によってある程度の製造年代を推測できるのだ。

見えないように内側に施した、通称隠しリベット仕様のもの
隠しリベットを裏側から見たもの
1960年代後半にカンヌキ留めに変更されたもの

13.ステッチとは?

シングルステッチ、チェーンステッチなど縫い目のことを言う。1920年代までは、ジーンズの縫製は上のような本縫い(シングルステッチ)だった。その後大量生産化に伴い、ヨークやインシームなどで巻き縫いが採用され、チェーンステッチが使われるように。裾もチェーンに変更された。

こちらはチェーンステッチを施された裾

すべて知っていた人は、ジーンズ通! 初めて知った言葉が多かった人は、これからジーンズを選ぶときに役立つかも? 奥深きヴィンテージの世界にも足を踏み入れてみるのもおすすめです。

(出典/「Lightning 2020年10月号 Vol.318」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load