BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

外観はバーバー、奥にはバーがある大人の社交場。バーバー人気の火付け役「Blind Barber」に潜入!

今、メンズヘアの世界を席巻するクラシカルなバーバー。そのなかでもブームの火付け役として知られるアメリカにある「Blind Barber(ブラインドバーバー)」は、サロンの奥にバーが存在しているというスピークイージースタイル。禁酒法時代の闇酒場のように、表から見えない秘密めいたスタイルは、日本のバーバーシーンにも多大なる影響を与えているんだとか。そんな本場のバーバーに潜入!

今、流行の旧きバーバーには秘密あり。

アメリカのみならず、今や世界中で再認識されているクラシカルなバーバー。

ただヘアカットするだけの場所ではなく、サロンの空間やスタイリストのファッション、それに使う道具やスタイリング剤にまでこだわることで、それぞれのサロンがスタイルを演出するのが特徴。

もちろんそれは見た目だけでなく、かつてのバーバーが大人のみだしなみを提案し、多くの人が集まる社交場といった側面を持っていたことにも着目。

そんなカルチャー的な側面までも現代に甦らせようというステージにまで進化しているということをまずは知っておかなければいけない。

と、前置きが長くなったけど、その筆頭ともいえるのがここ。ニューヨークやシカゴ、それにロサンジェルスにも進出する「ブラインドバーバー」は覚えておいた方がいい。

こちらが外観。いたって普通のバーバーにしか見えない
バーバーの店内。いわゆるクラシカルなバーバースタイルといっても東海岸でメジャーな重厚なスタイルではなく、白を基調としてシンプルなインテリア。カリフォルニアらしいスタイルでまとめる

そのおもしろさは、いわゆるサロンだけにとどまらず、店舗の奥には何も案内が書いていないトビラが存在し、その奥には大人がゆっくりとすごせるバーが存在しているという変わり種。

使い込まれたウッドの雰囲気がうれしいアンティークチェアに、グリーンを添えてシンプルに演出されたウエイティングスペース。サロンに入った瞬間から、その世界観を感じることになる

もちろん、外観は一般的なバーバーと変わらないので、知らなければたどり着けないというのがキモ。

それじゃ商売としてどうなの? と思うかもしれないが、ご心配なく。しっかりとクチコミでそのおもしろさが伝わって、多くの人に愛されている。

サロンの奥にある何の変哲もないトビラ。じつはこの奥がバーになっていて入口はここしかない。つまり知らなければ行くことができないというわけ。看板も案内も、何ひとつ無い秘密っぷり(笑)

バーは夕方からオープンするので、お酒を飲みに来るだけの場合はサロンの中を素通りしてバーへ向かう人もちらほら。何も知らなければびっくりするかもしれないが、それはかつて禁酒法時代に存在した無許可営業の秘密バー「スピークイージー」になぞらえたスタイル。

髪型をキメて一杯飲んで帰る。そんな大人のライフスタイルがそこにはある。

たっぷりと蓄えたヒゲとタトゥーでしっかりと今っぽいバーバーのスタイルを表現するヘアスタイリストのエリック。ファッションがカジュアルなのは、ここがカリフォルニアだから

バーバー奥にある、秘密のバーに潜入!

扉を開くを細い廊下が登場。意外や明るくて、ちょっと安心(笑)。

何も案内のないトビラを開け、通路を抜ければこんな広々としたバーが登場。サロンとはひと味違う重厚で大人な雰囲気の空間が出迎えてくれる。オマケ的に作られた空間ではなく、しっかり本格的なバーであることが重要だよね。

ちなみに、バーの入口はこのカーテンのみ。ここがサロンにつながっているというわけ。一歩バーに踏み入れれば、まったく違う世界がそこにあるというのがおもしろさだ。

遊びじゃないよと言わんばかりの本気のラインナップを見れば安心。しっかりと大人のバーだとわかる。アメリカのバーボンから日本のウイスキーまで抜かりなしであった。

本日のバーテンダーのドノバン。ハードなスピリッツからクールなカクテルまで自由自在。好みやアルコールの強さにも対応してくれる頼れるアニキである。ここぞのデートにもおすすめ。

注文したのはこのふたつ。こちらはグラデーションがキレイなバットマンはジンベースのカクテル。生ミントもアクセントになって、女子ウケはいいが、飲み過ぎはやや注意。けっこう強め。

こちらは清涼感たっぷりのネグローニ・ビアンコ。ジンベースのカクテルで、グレープフルーツの苦味をアクセントにした大人の味に仕上がる。柑橘系を強めに効かせれば夏によく合う。

【DATA】
Blind Barber
10797 Washington Blvd, Culver City, CA90232
TEL310-841-6679
https://blindbarber.com/pages/los-angeles

ニューヨークのブルックリンが創業の地である「ブラインドバーバー」。重厚なクラシックバーバーと異なり、白を基調とした気軽に入店しやすい雰囲気なので、気になる人はぜひ訪れてみてほしい。もちろんバーもお忘れなく。

(出典/「Lightning 2018年9月号 Vol.293」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

No more pages to load