BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【大人の秘密基地】マンションのひと部屋丸っとリノべして作った、NIKEコレクションルーム。

過去にLightning本誌でも何度か紹介させていただいたヴィンテージ愛好家の兼近さん。ナイキのランニングシューズだけでなく、デニムを中心としたヴィンテージ古着の愛好家でもあるが、念願のコレクションルームが完成したということで、その自慢の空間を見せていただいた。

20代の頃から思い描いてきた理想の空間。

Lightningから出ているムック本『ナイキ クロニクル』シリーズにおいて、その製作に尽力していただいたヴィンテージ愛好家の兼近さん。20代前半からリーバイスを軸に王道のヴィンテージウエアを集め始め、以降20年以上かけて集めたヴィンテージを買い続けてきた。

そのコレクションは特別に扱うことなく、普通にクローゼットに収納し、日常的に愛用するのが兼近さんのスタイルだ。

しかし、最近マンションの1室をリノベーションし、コレクションルームを作ったと聞き、急きょお邪魔させていただいた。

玄関脇に設置された棚には、数百足も所有するヴィンテージナイキのランニングシューズのうち、お気に入りの“一軍”を展示。SMUやプロトタイプなどレアな一点モノも多いが、デッドストック以外はほぼ全て着用した経験あり(笑)。

このナイキの展示棚、メインのソファから見て右手の入口前に向かい合わせに設置されている。その死角となる一方をソファに座った状態で鏡越しに眺められるのが自己満足ポイント。

この棚下にあるDVDプレーヤーのリモコン操作もこの鏡に反射させて行うんだとか。

実は兼近さんはサザンオールスターズのトリビュートバンドとして有名な『いとしのエリーズ』でボーカルを務める。こちらは、そのお客さんが『ナイキ クロニクル』を参考に手作りしてはライブの度に持ってきてくれるというナイキのミニチュア。絶対に売れると思うほどのハイレベルな出来に悶絶してしまう。

スポット照明が当たる特等席にはTHE STINGが鎮座。気分に合わせて飾るモデルを変更するつもりが、やはりTHE
STINGが好きでしばらく変わりそうにないとのこと。

ナイキだけではない、コレクションルームのディスプレイに注目。

兼近さんはナイキのスニーカーだけでなく、古着やトイなどそのコレクションは幅広い。

こちらに何気なく吊るされているのは、ヴィンテージショップで販売されることも稀な超希少なLee のカウボーイジャケットの大戦モデル。このコンディションをキープしたいところだが、「これもデイリーで着ています!」とのこと。恐るべし!

専用のサイズでオーダーメイドしたキッチン周りには、お酒の他に大好きな雑貨がギッシリ! Buddy Leeは地震で倒れると割れてしまうため、転倒防止のチェーンは必須。

このコレクションルームにはピアノの他に愛用するフジゲンのセミアコやタカミネのエレアコもディスプレイ。この空間では近所迷惑になることなく演奏も楽しめる。

ボーカルを務めるバンド『いとしのエリーズ』はテレビで紹介されるほど知られており、各地で行うライブも大盛況。兼近さんはそのライブでもヴィンテージを惜しげもなく愛用している。

超レアな213のほか、貴重なコレクションを拝見!

2000年半ば以降、インターネットの普及によって実は数量が極端に少なく希少な存在だと判明した213。そのため最近では価格高騰中だが、念願の自分サイズに出会い購入した。

1930年代後半のリーバイス501XX。その自分サイズの極上品とともに、同モデルの希少なセールスマンサンプルも所有する。

昔から派手なものが好きという兼近さんは、ラングラーの“チャンピオンジャケット”も数多く所有。左が1st モデルで右が3rdモデルだ。

111MJと同じボタン掛けの赤い“チャンジャケ” は非常に珍しい。左は10数年前に入手したものだが、なんと約2年前に親子サイズの2着を新たに入手できた。

左の’40年代の片面タブモデル、中央の通称’22〜’36年までの1本もデイリーに愛用。右の通称47モデルのデッドストックは眺めて楽しむ。

余談だが、チャンピオンジャケットが1st〜3rdと全て揃っているので、背中の刺繍の違いを紹介させていただく。一番上が1stでネームラベルはレザー製。中央が2ndで、ネームラベルは縦ベル/中央サイズ表記。一番下が3rdでネームラベルは縦ベル/右下サイズ表記となる。

デニムジャケットはリーバイスの1stがお気に入り。全て506XXで、中央はなんとサイズ38のデッドストック! これももはや入手機会は皆無に近い超希少品である。

その作り込まれた内装やディスプレイからは、突然この部屋を作ろうと思い立ったとは思えない。聞けば、20代の頃から「いつかコレクションルームを作りたい」と想い続けていたそう。

やはり大切なコレクションを展示しながら収納できる“自己満足部屋”を持つことは、ヴィンテージ好きな方なら誰しもが憧れるものなのだ。

家族が寝静まった後、ここで1杯呑むのが至福の瞬間なのだという。そんな自慢の空間は、ホームシアターにもなっており、大好きなスターウォーズの映画も大迫力で楽しめる。

電動で収納可能なスクリーンも設置。ホームシアターになっており、大好きなスターウォーズの映画を鑑賞する他、サッカーのワールドカップもここで観戦していたそう

「家づくり」の実例をもっと見る

(出典/「Lightning 2018年9月号 Vol.293」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load