BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

渡航自粛で気がついた。下着買わなきゃ。|スティーブンソンオーバーオールズのSOCオーガニクス・ボクサーショーツ

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 今回は、アメリカに行けないストレスはあるけど、逆にアメリカにいる知人たちのSNSを見て彼らの日々を確認できるなんて、便利な世の中も悪くないなあと思っている、編集部の最古参・ラーメン小池がお届け!

気分が上がるカラーやデザインが好みのおっさん納得のトランクス。

何もここでカミングアウトする必要はないんだけど、下着はコットン100%のトランクス派。ブリーフなどの収まりの良い(笑)フィット感よりも、自由な風に吹かれたフィット感皆無のトランクスがベストな性格。

普段穿くデニムもゆったりめが好きなので、ピッタピタの下着は必要ないのだ。それもできれば色やプリントは派手めが好み。ダークカラーの単色じゃあおもしろくないのである。

どうせ普段見せないモノだし、気分が上がるカラーやデザインが好きだという困ったおっさんなのである。ただ、残念なのはどうしても日本では私好みのトランクスには出会わない。

そりゃ下着なんだから地味でダーク系カラーのデザインで作るよね。だから下着を調達するのはいつもアメリカ取材に行ったときにまとめ買いするというのがルーティン。

というのも、アメリカには私好みの派手なデザインのトランクスがけっこう存在する。アイスクリームの総柄とか、サボテンの総柄とかね。そんな誰もが穿かなそうなポップで派手なデザインのトランクスをサイズがあれば調達していたってわけ。

でも、ここ最近気がついたことがある。この残念なコロナ禍のおかげで、海外取材という我々の持ち味が奪われてしまった。つまり下着が買い足せない。そこで日本で私好みの下着を探してみると、身近にありました。

意外とコットン製トランクスって作ってるブランドが少ないところ、さすがスティーブンソンオーバーオールズ。しかもオーガニックコットンを使った肌にも優しいポップなヤツが。もしかして私の好みを知っているのか? こいつを愛用すると、カミングアウトする必要はあるね。

スティーブンソンオーバーオールズのSOCオーガニクス・ボクサーショーツ

スティーブンソン・オーガニクスという新ラインから登場したトランクスはオーガニックコットンで、肌にストレスを感じさせない縫製にもこだわっている。ポップな総柄プリントも私にはポイント高し。各5060円
敏感な肌の人にはうれしいオーガニックコットンの下着。プリントはS.O.C.オーガニクスのマークの総柄仕様。今後の展開にも注目だ
ひとつひとつクラフト感たっぷりのスタンプが押された巾着袋に入っているところもカッコがよろしい。こういうパッケージにもこだわる姿勢も好きなポイント

【問い合わせ】
トパンガ
TEL03-6805-0870
http://www.soc-la.com

(出典/「Lightning 2021年3月号 Vol.323」)

SHARE

PROFILE

ラーメン小池

Lightning / ディレクター

ラーメン小池

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

Lightning編集部、CLUTCH magazine編集部を経て、Lightning編集長を務めた後、現ディレクター。アメリカン・カルチャー、特にヴィンテージ・アメリカンをこよなく愛する。クルマから雑貨まで、あらゆるアイテムに食いつくのが悪い癖

ラーメン小池の記事一覧

No more pages to load