BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

シュガーケーンから再登場! ポケットに入れて様になる、男性におすすめエコバッグ。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、食料品は週末にスーパーマーケットでまとめ買いが基本。いつも保冷機能付きの大きなバッグを持参し、なるべくビニール袋は買わないようにしている、ライトニング編集部の古着番長・ランボルギーニ三浦がお届け!

ポケットに入れてチラ見せしたくなるエコバッグ。

昨夏ビニール袋が有料化になり、レジで買ったものを持参したエコバッグに入れて持ち帰るという光景は、今では当たり前のものになった。

私もエコバッグくらい持っておこうと思いつつ、それを目的にショッピングするわけではないので、たまに安価で良さげなやつを見つけては、とりあえず購入ということを何度か経験。

そんな“ついで買い”で手に入れた数個のエコバッグだが、常日頃から持ち歩かない上に、「ヒゲを生やしたヴィンテージスタイルのオッサンとエコバッグが結びつかない」という勝手なネガティブイメージによって、実際に使った試しはない。

いわずもがな、ビニール袋をレジで都度買っている。1つ言い訳すると、子供が通う保育園で必要だったり、クルマに予備として保管する分が欲しかったりと、私の生活にビニール袋は不可欠なのだ。

だけど、昨年の12月だったかな。東京・両国で行われた東洋エンタープライズさんの展示会でたまたま出会い、私のエコバッグ観が一変したのが、このバンダナ生地を使ったバッグだった。同社のバンダナをほぼ毎日使っている私は、これならポケットに入れて日々持ち歩くだろうと直感。

プレスの川島さんにすぐ尋ねたが、実は前シーズンのものですでに完売したとのこと。また作ってください〜などとダメ元で話はしたのだが、他にも多くのリクエストがあったようで、急きょ再生産が決定。2月下旬から同社のオンラインストアなどで再販売されるそうだ。

バンダナ生地なので水洗いOKで、速乾性も抜群。バックポケットからバンダナをチラ見せさせるように忍ばせておきたくなる、最高のエコバッグだと個人的には思う!

シュガーケーン Lot.SC02655 バンダナトートバッグ

本体には未裁断のバンダナを2枚使用。54㎝もある生地幅をフルに生かしたマチ付きなのでかなりの容量(約21ℓ)を誇る。シュガーケーンのワークウエアを縫製する工場で製作した。5280円

2本針の巻き縫いや補強用の赤いバータックなど馴染みのディテールが満載だ。シュガーケーンの様々なロゴを配した総柄も魅力的
折り畳んで収納した状態がこちら。ポケットティッシュと同じくらいのサイズ感で携帯しやすく、約60gと軽量なのも嬉しい!
バックポケットからチラ見せするくらいで携帯したい。バンダナ生地だが、約7〜8㎏まで収納可能。万一の場合、手も拭ける(笑)

【問い合わせ】
東洋エンタープライズ
TEL03-3632-2321
https://www.sugarcane.jp

(出典/「Lightning 2021年3月号 Vol.323」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load