BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

最もインディアンらしい装備を持つ、最盛期のモデル「1948 INDIAN CHIEF」。

友人の乗るインディアンに感銘を受け、アメリカでこの’48年式を探し当て、今から6年前に念願のインディアンオーナーとなった大石伸彦さん。以前はパンヘッドを所有していたというヴィンテージ好きな大石さんに、ヴィンテージインディアンの魅力をお聞きした。

その魅力、乗った人しかわからない。

「デニムに置き換えるとハーレーがリーバイスなら、インディアンはリーみたいな感覚。決して華やかじゃないけど、通好みというかね。こればっかりは乗った人にしかわからないかもしれないけど、独特の魅力があるんです」

インディアンの魅力を聞かれ、しばらく考えた後、大石さんは口を開いた。大石さんは今から約6年前にこの’48年式チーフを入手するが、それ以前はパンヘッドに乗っていたという。OHVからサイドバルブへ、そして’50sから’40sへと乗り換えた大石さんならではの回答なのかもしれない。

「あとは見た目以上に取りまわしが軽いところ。車重より重心の問題かもしれませんが、ガレージの出し入れやUターン時にはパンヘッドとの違いを痛感します」

小ぶりなBUCOのスクリーンやソロシートに交換し、左ハンドチェンジ化している他は、オリジナルの装備を維持しているという大石さんのチーフ。

ディープフェンダーが備わり、ガーターフォーク最終年式というチーフのゴールデンエイジだけあって、チョッパーのような大掛かりなカスタムを施さなくても、魅力に溢れている。事実、大石さんもこのインディアン独自の純正スタイルに惚れ込んでいるそうだ。

普段は自宅脇に建てられたガレージがインディアンの保管場所となっている。決して広くないガレージへの出し入れの際、この取りまわしの軽さが重宝するという
気負うことなく自分よりはるかに年上のチーフに乗る大石さん。 普段着で乗ることが多いそうだが、6年の歳月を経て、不思議な一体感を醸し出している

大石さんの愛車「1948 INDIAN CHIEF」を拝見!

アメリカのバーで長年飾られていたヒストリーを持つ大石さんの’48年式チーフ。ガーターフォーク最終のチーフは、ディープフェンダーや顔型のオーナメントなどまさにゴールデンエイジと呼ぶにふさわしい装備を持つ。購入から現在まで大きなトラブルもなく調子も良いという。

スクリーンは純正より小ぶりなBUCO製のもの。 左シフト化に合わせて、右をスロットル、左を進角に変更している
ハーレーと比較してミッション周りが非常にコンパクト。ここがインディアンの取りまわしが軽い原因なのではと大石さんは推測する

(出典:「Lightning Vol.283」)

SHARE

PROFILE

Lightning 編集部

Lightning 編集部

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

ファッション、クルマ、遊びなど、こだわる大人たちに向けたアメリカンカルチャーマガジン。縦横無尽なアンテナでピックアップしたスタイルを、遊び心あるページでお届けする。

Lightning 編集部の記事一覧

No more pages to load