BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「North No Name」のキャップは、良い意味でチープな風合いが最高!

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、1年の8割くらいの日数を帽子着用で過ごしており、家系的に髪の毛は残るタイプと思っているけど、もし薄くなったら坊主にして浅〜いBBキャップを被るぞ! と決めている古着番長・ランボルギーニ三浦がお届け!

この良い意味でチープな風合いが、いま最高なんです!

ベースボールキャップって見た目は同じなのに、被ってみると意外と小さな違いがあって、自分の中でしっくりくるモノとこないモノがあるから面白い。

個人的には深すぎず浅すぎず、ツバは長すぎず短すぎず(どっちかなら長めが好き)という、至って特徴のないノーマルなカタチが好きなんだけど、これが探すと見つからない。

おまけにツバを後ろ向きにした逆被りも多いので、そのフィット感も気になってしまう。

そんなワガママ(!?)なサイズ問題をクリアしたら、いよいよ本題の“見た目”の話。デニムのBBキャップは数多くあれど、ここまで良い意味でのチープ感あふれるモノは珍しい。

これがゴリゴリのXXデニムのような感じだったら、一目惚れはしなかった古着の“66”のようなデニムにレインボーの刺繍。この’70年代のアメリカみたいな空気感が、個人的にいまちょうどいい。

こういう古着好きのツボといまの感度を融合させたセンスは、さすが「ノースノーネーム」の堀川さん(彼とは札幌時代からの知り合いなんです)らしいところ。さすがだなぁ……。

もうすでにヘビーローテの予感しかない。今からガンガン被って洗って、真夏の陽射しで日焼けさせて……。おそらく秋にはイイ感じに仕上がっているんだろうな。

「North No Name」のBrand Name Cap

ベーシックな6 パネルのベースボールキャップをインディゴデニムで仕立て、ブランド名“NORTH NO NAME” をレインボーカラーの刺繍で配した。ガンガン着用してボロボロにエイジングした姿もカッコ良さそう!! MADE IN JAPAN。1万780円

これがもしチェーン刺繍だったらちょっと違うんだな……。この何でもない刺繍がすごくイイ。レインボー刺繍ってところが最大のポイント!
レザーストラップ付きでサイズ調整可能。このバックルの留め具のせいで長時間着用すると頭が痛くなるものもあるけど、こいつは皆無でした
裏には織りネームも付属。抜群の被り心地もさることながら、パネルの縫製部分裏にもツイル生地が当てられるなど、丁寧な作りが日本製の証

【問い合わせ】
スノープラント
TEL03-5849-4310
https://snowplant.buyshop.jp

(出典/「Lightning 2021年5月号 Vol.325」)

SHARE

PROFILE

ランボルギーニ三浦

Lightning / 編集者

ランボルギーニ三浦

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

全国的に名を轟かせていた札幌の老舗ヴィンテージショップに就職。29歳で上京。Lightning編集部、兄弟誌・2nd編集部で編集長を務めた後、現在は、Lightningに。ヴィンテージ、古着の知識はその道のプロに匹敵。ランボルギーニ三浦の由来は、もちろんあの名車

ランボルギーニ三浦の記事一覧

No more pages to load