BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

自転車乗りの験担ぎ! 「Santuario Madonna del Ghisallo」のお守りを付けてみた。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、最近周りの人たちからの影響で“開高健”にハマっており、「生物としての生物」から始まり「オーパ!」を読みふけり、次は「ベトナム戦記」を熟読しようかなと思っているストリートカルチャー通・ADちゃんがお届け!

イタリア生まれの、交通安全のお守りにあやかりたい。

人間、誰しも験を担ぐことがある。例えば高校や大学などの受験前日にステーキやとんかつを食べて「敵に勝つ」なんてやってみたり、彼氏彼女から渡されたキットカットをお守りにして「きっと勝つ」とかしてみたり、宝くじを当てたいから、買う場所は一等賞がたくさん出ている「JR有楽町駅中央口宝くじ売り場」でしか買わない、なんていうのも験担ぎだ。

私の場合、何か験を担いでいるかと言えば、そうだ、そういえば自転車(ピスト)のシートポストの内部に交通安全のお守りを忍ばせているんだっけ、というのを思い出した。

今回紹介するエディターズピック(この連載の名前)のアイテムも、同じく交通安全のお守りとして新しく導入したもの。ただ違うのは、日本のお守りではなく、イタリアのお守りだということ。

サイクリスト人口の多いイタリアには、サイクリストの聖地と呼ばれる教会がある。イタリア北部、ロンバルディア州の避暑地であるコモ湖を見下ろす頂に、その「マドンナ・デル・ギザッロ教会」がある。

’49年10月13日、ギザッロ教会の崇拝の対象となっている聖母マリアが、ローマ教皇ピウス12 世により「サイクリストの守護聖人」として宣言されたことから、世界中のサイクリストの聖地となった。

このお守りは自転車のフレームに巻き付けて使えるアルミ素材のデザインとなっており、ヘッドパーツとして装着してみた。

べつに私はキリスト教徒でもなんでもないが、日本は古来から八百万の神様を信望する国だから、キリスト教の神様も、和洋の宗教の垣根を越えて日本人が使うことを許してくれるのではないだろうか、なんてね。

Santuario Madonna del Ghisalloのお守り

ヨーロピアン・ヴィンテージの佇まいを持つギザッロ教会のお守り。教会に隣接する自転車博物館にて12ユーロで販売中。(https://www.museodelghisallo.it/en/museum/

左側にはギザッロ教会の名前が彫り込まれる。このお守りはパンクや自転車事故から守ってくれるそう。とはいえ自転車は安全運転を心掛けたい!

バンドの右側には、マドンナ・デル・ギザッロ教会の景観が彫り込まれている。標高754mという立地もあり、プロロードレースの通過点になっている。

サイクリストの守護聖人と宣言されたギザッロ教会のマリア像を中心に、その周りは自転車のチェーンリングとチェーンをデザイン。センス抜群!

クロモリといった細身のフレームに最適なショートタイプと、アルミやカーボンなど太いフレーム用にバンドが長いロングタイプの2種類展開される。

(出典/「Lightning 2021年5月号 Vol.325」)

SHARE

PROFILE

ADちゃん

Lightning / 編集者

ADちゃん

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

スケートカルチャーシーンでは実は名の知れた存在で、社内に隠れファンが多数いるほど。だが普段はそんな雰囲気はまったく醸し出していないため、ただの笑顔のステキなお兄さんと思われている。ミリタリーについても、モヒカン小川に並ぶ知識の持ち主

ADちゃんの記事一覧

No more pages to load