BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

渋カジ全盛期憧れた「バンソン」。50歳を手前にして、ウエストポーチで再会を果たす。

欲しいモノが尽きないライトニング編集部員が、いま気になるモノから実際に購入しちゃったモノまで、ジャンルに限らず何でも紹介! 

今回は、サカサモト(同僚)の影響でAirPods Proを購入し、ウォーキングがかなり快適になったが、エンジニアブーツで歩くので、ソールの減りが早くて困っている、革ジャン評論家・モヒカン小川がお届け!

拝啓バンソン様、あなたは今でもお変わりなく。

その再会は、何の前触れもなくやって来た。夜、酒を飲みながら、愛用する万歩計アプリ「四国八十八か所お遍路ウォーキング」の歩数を確認している時に、ふと「ウォーキング用に小さなバッグが欲しい」と思い立ち、でも当然レザー製が欲しいので、スマホでいろいろ探していたら、懐かしいボーンパッチの付いたバンソンのウエストポーチを見つけてしまったのだ。

「バンソン」

この名前を口にすると、なぜだかいまでも甘酸っぱい気持ちになる。渋カジ全盛の頃、俺がどれほどまでに胸を焦がし、バンソンを求めたか。怖いお兄さんたちが纏う、パッチカスタムの施されたバンソンのレーシングジャケットを、彼らの拳の届かない範囲から、静かにねっとりと羨望の眼差しで眺めていたあの頃。

しかし、当時の俺はあまりに若く、あまりに金がなく、しかし無情にもバンソンは高嶺の花で手が届かず、どれほど失意に沈んだか。

あれから数十年の歳月がたち、元号も変わった。俺はと言えば、いまだに革の呪縛から逃れられず、だが年相応の金額のレザージャケットを買えるくらいには金を持ち、いつしか頭の中から「バンソン」の文字が消えていた――。そして2021年。50歳を手前にして、突然再会した。

久々に見るバンソンは、当時欲しくてたまらなかった革ジャンではなくウエストポーチだったが、今も変わらず、艶やかな革の表情を湛えていた。それも、バンソンの象徴ともいえる「ボーン」付き。俺は即決したのだった。

*   *   *

拝啓

バンソン様。

あの頃は、どうしてもあなたを手にすることが出来ませんでした。あなたはお変わりないようですね。私は変わりました。

髪型がロン毛からモヒカンになり、白髪も増えました。ブーツカットでストリートを闊歩することはなくなりましたが、健康のためにストリートをウォーキングしています。

せっかくまた出会えたのですから、一生一緒にいたいものですね。あなたがエイジングすればするほど、私はたくさん歩いてより長くあなたと一緒に居られる気がします。

敬具

「VANSON×BACKDROP」の9SBB NEW FANNY PACK with CROSS BONE

ストラップが95センチと長く、ショルダー掛けも思いのまま。容量もたっぷりで、スマホや文庫本、タバコなど入れても、まだ余裕があるほど

バックドロップ別注のバンソンのウエストバック。重厚な牛革を使用し、ダブルリング式のストラップを採用。バンソンらしいクロスボーンパッチが配され、往年の渋カジ気分を盛り上げる。2万4200円

内部にはポケットが装備され、カード類やマスクの予備を入れることもできる。真鍮製のジッパーも、ブラックのレザーによく映える
バンソンのアイコンともいうべきボーンパッチ付き。これがカッコいいんだよねー。“骨ジャン” を着る勇気はないが、これならお洒落でしょ?

【問い合わせ】
バックドロップオンラインストア 
https://thebackdrop.com/

(出典/「Lightning 2021年5月号 Vol.325」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load