BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

組み合わせにルールあり!ファーストアローズ直伝ペンダントコンビネーションの極意。

シルバーアクセサリーの醍醐味は、様々なアイテムを組み合わせる“コンビネーション”にあり。ペンダントヘッドを組み合わせれば、胸元にもインパクトが生まれ、お洒落度もグンとアップする。が、しかし! ただ好きなアイテムをやみくもに組み合わせればいいってもんじゃない。ルールを無視すれば、せっかくのシルバーも台無しになってしまうのだ。ルールをマスターして、道行く人が思わず振り向く “シルバーマスター”を目指そうぜ!

【超・初級編】知っておきたい“それっぽく”見せるテク。

【Before】

【After】

革ヒモにペンダントを通す場合、留めのビーズを使い、革ヒモをペンダントヘッドのところで縛るだけで、アクセントとなり俄然クールになる。金もかからない「リーズナブルテク」。

【初級編】“ちょい足し”のアクセントを加えよう。

【Before】

【After】

単体でもインパクト大のイーグルクローだが、ちょっとの手間でお洒落度アップ! メタル(M)¥6,050(税込)を追加すれば、ご覧の通りのゴージャス感。ファーストアローズでは、ペンダントに “ちょい足し” できるアイテムも豊富に揃えている。

【中級編】いよいよ本格的な“重ね着け”に挑戦。

使用するのは存在感抜群の放射線メタル。これにフェザーを足す場合は、まず1.ライジングサンの太陽を隠してはいけない。2.中心に向かって円を描くようにフェザーの向きをセットする。これが絶対ルール。これを破ってしまうと、「わかってないヤツ」と言われるぞ。

フェザーをプラス。

ポイントはフェザーの曲線が中心から円を描くようにし、太陽を隠さないように!

残念な例

こちらがルールを完全に無視してしまった残念な例。パッと見ただけで、カッコよくないのがお分かり頂けるだろう。フェザーがせっかくの太陽を隠しちゃってるし、フェザーの向きも外をむいちゃって、円を描かずに生理的に気持ち悪い。これはダメです。

【上級編】これさえ出来れば、あなたも“シルバーマスター”。

K18ハートフェザー付フェザー

ここでは、シルバーの組み合わせに欠かせないフェザーについて学んでいこう。とにかく「中心に対して円を描くように組み合わせを構築していく」が基本。これさえ守れば、おかしいことには絶対にならないのでご安心を。またフェザーの枚数が増えた場合は、外に向かって軽くする(フェザーを小さくする)と、バランスがとれて美しい。

フェザー×3枚の場合

フェザー3枚の場合、まず中心に大きいものを配置し、左右のフェザーは円を描くような向きをチョイスすれば、まず問題ない。大切なのは美しさとバランスだ。

フェザー×7枚の場合

フェザーの枚数が増えてもビビる必要はない。基本ルールである「円を描く」を念頭に入れ、また外側に向かって軽く(小さく)すれば、ご覧の通りの美しさ。

フェザー×イーグルの場合

組み合わせの王道「イーグル×フェザー」も恐れるに足らず。外側に向かって軽くすると、まるでイーグルが飛翔しているかのような美しさと躍動感を演出できる。

非常に残念な例

これは残念というか、もはや無念な例。たしかに外に向かって軽くなってはいるが、フェザーの向きが円を描かず外に向いてしまっているため、全体的にまとまりがなく散らかった印象。

セオリー外だけどアリな例

「結局、カッコよければなんでもアリ」という好例。センターを定めず、フェザーの向きもすべて外を向いてしまってはいるが、バランスがとてもよく美しい。これはかなりのテク。

いかがだったでしょうか。なんとなく様にならないのは、コンビネーションの極意を知らなかったからかも。ぜひ参考にして楽しんでみていただきたい。

▼こちらの動画もチェック!

公式オンラインショップはこちら!

(出典/「別冊Lightning Vol.193 TOKYOシルバー」)

SHARE

PROFILE

モヒカン小川

Lightning / 編集者

モヒカン小川

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

幼少期の革ジャンとの出会いをきっかけにアメカジファッションにハマる。特にレザー、ミリタリーの知識は編集部随一を誇り、革ジャンについては業界でも知られた存在である。トレードマークのモヒカンは、やめ時を見失っているらしい

モヒカン小川の記事一覧

No more pages to load