BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

サーフィン|サーフボードのテール形状の特徴を知りたい

サーフボードはいろいろなパーツで構成されているが、それらのパーツはそれぞれいくつかのタイプに細分化されている。その特徴を捉えることで、サーフボードの乗り味も理解することができる。

【スワロー】回転性◎

ツバメのテールのような形状をしていることからこう呼ばれる。テール面積が少ないため、回転性に優れ、テールを沈めやすいことでターンが楽。

【スカッシュ】安定感バツグン

ハイパフォーマンス系のショートボードで最も採用される一般的な形状。安定感があり、ターン時の反応も速い。バランスの取れたデザイン。

【フィッシュ】切れ込みでターンをしやすく

主にツインフィンに採用される形状。幅広のテールに大きな切れ込みを入れることでテール部分の面積が減り、幅広のわりにターンがしやすい。

【ムーン】回転性と切り返しの両立

回転性とアグレッシブな切り返しを両立したいいとこ取りのテール形状。末端の2 ヶ所が尖っていることでターン時のきっかけを作りやすい。

【ラウンド】綺麗な波のラインを描ける

その名のとおり、丸まった形状のテールデザイン。ターンするときスムーズに切り返しができる。波のフェイスに綺麗なラインを描くのに適している。

【ラウンドピン】大波でもターンがしやすく

ガンやロングボードなどの大きめなボードに向くテール形状。直進性に優れながらも、大きな波でもターンに対応しやすいように幅を絞った作りが特徴。

 

(出典『Surf Style 2019』)

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load