BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

【ジェリー・ロペス】や【ナット・ヤング】も! サーファーの名言があなたの人生を鼓舞する

NALUでは、6月10日より公式Twitter開設を記念して、かつてNALU編集部で制作した「サーファーへ100の言葉」から、100日連続で格言を投稿中! 波に乗る人も、乗らない人も、深く人生に響く言葉ばかり。あなたの背中を押してくれる言葉がきっと届く、NALU公式Twitterは、毎日更新中!

●NALU公式Twitter:https://twitter.com/nalu_mag

なぜ僕たちは波に乗るのか?

サーファー同士が交わす言葉のひとつに“キープ・サーフィン”という言葉がある。

それはただ単純に「楽しい」や「気持ちいい」だけではなく、辛いことや面倒な側面もサーフィンにはある中で「波を求め続ける」ということ。

サーフィンには楽しいことも辛いこともあり、もちろん自分の思い通りにならないこともたくさんある。そもそもサーフィンは波が無くては始まらないが、いい波に乗ろうと思えば自然のリズムに寄り添わなければならず、決して自分の都合には合わせてはくれないのだ。

それはとても人生に似ている。
「サーファーへ100の言葉」はサーフィンに傾倒するサーファー達が口にした波乗りと人生に“効く”言葉を厳選して一冊にまとめている。サーフィンに夢中になっている人も、海から遠ざかってしまった人も、はたまたサーフィンに興味がある人も、ぜひ手にとってほしい。

それらの言葉はあなたが波乗りという行為に対してどう立ち振る舞うべきかの思慮を深め、サーファーがどんなマインドを持った人達なのかを理解する一助になるに違いない。
「もし迷ったら、パドルアウトすればいい」とはレジェンドサーファーであるナット・ヤングの言葉。

何かで立ち止まった時、思い悩んだ時、あなたの背中を優しく押してくれるサーファーならではのエールを、サーファーたちの名言から受け取って欲しい。

NALU公式SNSアカウントはこちら

●NALU公式Twitter:https://twitter.com/nalu_mag
●NALU公式Facebook:https://www.facebook.com/nalumagazine
●NALU公式Instagram:https://www.instagram.com/nalu_magazine/

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load