BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

海から上がるのはいつ? タイミングは波のコンディション次第|サーフィンの基本

いつ海から上がるのか? サーファーは波のコンディションに合わせて上がるタイミングを決めている。
◎出典:サーファーになる本 改訂版 ◎photo: Kenyu

海から上がる時は必ず波に乗って上がってこよう!

あるプロサーファーはサーフィンを始めたころ、食事の時間も惜しんで海に入り続けていたそうだが、そのプロサーファーのように楽しければ何時間でも入ればいいし、疲れたら上がればいい。海から上がるタイミングに決まりはない。けれども多くのサーファーは、海のコンディションに合わせて海から上がってくる。

海に入っている間にサーファーが気にかけているのは、風向き、潮の満ち干き、うねりの向き、混雑具合などが挙げられる。波のコンディションが悪くなるのは、風が沖から岸に向かって吹くオンショアになった時、潮が上げきったり下げきったりして動かない時間帯、低気圧が遠のいたり、島や岬などに遮られてうねりが届かなくなってしまった場合などがある。そのため海に入る前には、タイドグラフと天気図はチェックするようにしておきたい。波に影響を与える自然の変化を意識しながら上がるタイミングを判断しよう。

そして海から上がる時は必ず波に乗って上がってくること。そうすれば気持ちよくラウンドを終えることができる。ちなみに長時間海に入っていると集中力がだんだんと切れてくることがある。そんな時は「ラスト1本」と心に決めて波に乗るといい。そうすると集中力が戻り、「ラスト1本」を繰り返すことで練習に身が入ってくれる。

帰ってくる際インサイドは腹ばいになって波に乗る

海から上がる時は、ボディボードのように腹ばいになって波に乗る。そうするとインサイドまで乗れるため海の中を歩かなくても済む。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load