BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「サーフィン素人」と、ばれないためのギア装備術

サーフィンに欠かせないギアの使い方をマスターして、「わかってる!」と一目置かれるサーファーに。
◎出典: サーファーになる本 改訂版

目的を知って、正しい使い方を

どんなに優れたギアであっても、使い方を間違えれば効果は半減。それどころか、サーフィン上達の足を引っ張る可能性だってある。

たとえば、ボードと自分をつなぎ、“流れ止め”の役目を果たすリーシュコード。ボードを流して他人に怪我をさせないためにも、絶対に用意しておくべきギアだ。しかし、保管方法や扱い方を間違えると、逆に痛い目に遭うことも。リーシュが足に絡まって、波打ち際でハデに転倒!

はたまた、海の中でリーシュが邪魔して波を逃した! そんなアクシデントを防ぐためには、「伸ばした状態で保管する」、「波打ち際ギリギリで装着し、海に入るまでは短くまとめて持つ」などの配慮が必要だ。

また、着脱タイプのフィンにも要注意。フィンはボードの舵取りを担うギアであり、カーブを後方に向けて装着しないと役目を果たせない。トライフィン(3本)の場合、センターフィンとサイドフィンでは形状が異なり、さらにサイドフィンは通常、水平面が内側にくるようデザインされているので、左右も間違えないようにしよう。なお、5プラグのショートボードは5本フィンを付けるのではなく、トライやクアッド(4本)で楽しむのが基本。ただし、最近は5本フィンを付けるタイプのボードも稀にあるので、不明点は購入ショップなどに相談を。

コードを外側に向け後ろ足の足首に巻く

▲リーシュは後ろ足の足首に巻くのが基本。この時、コードが外側に向くようにしておくと邪魔になりにくい

リーシュをつなぐひもは、テールからはみ出さない長さに

▲ひもが長すぎると、波に巻かれた時にひもがボードに食い込み、破損させる原因に。テールからはみ出さない長さで結んでおこう

デッキパッドを貼る時は、センターフィンを目安にする

▲グリップ力を高めてくれるデッキパッド。テールキック(後方の盛り上がり部分)がセンターフィンの上にくるように貼るとベスト

サイドフィンは、水平面が内側を向くようにセットする

▲サイドフィンには左右があり、通常は丸みのあるほうを外側に、水平面を内側に向けるケースが多い。ただし例外もあるので注意する

水抜けをよくするため、ボトム面は常にクリーンな状態に

▲ボトム面にワックスなどの汚れが付いていると水流の妨げになり、スピードダウンの原因に。専用リムーバーで定期的に磨いておこう

スピードが出ない原因は、レールに塗ったワックスかも?

▲写真はNG。波と接触するレール部分にワックスを塗ると、水流の妨げになってしまう。ワックスを塗るのはデッキ面ギリギリまでにしよう

リーシュが足に絡むのは、巻きグセが付いているから!?

▲写真はNG。リーシュをボードに巻き付けて保管すると、クセが付いて足に絡まる原因に。まっすぐに伸ばした状態で保管するようにしたい

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load