BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

サーフィン上達には好きなサーファーを見つけること!|サーフィンの基本

こんなサーファーになりたい! そんな純粋な憧れがサーフィンを上達させる。
◎出典: サーファーになる本 改訂版

憧れがモチベーションにつながる

今を時めくプロサーファー達に話を聞くと、誰もが波乗りを始めたころに、憧れのサーフヒーローがいたと言う。「かっこいい! こんなサーファーになりたい」というモチベーションが、彼らのスタイルを磨き上げてきたのだ。憧れの双璧と言えるのが、ケリー・スレーターとロブ・マチャドだろう。ケリーのように力強いキレのあるサーフィン、ロブのように波と一体化した流れるようなライディング…。相対する個性だけに、そのスタイルの違いは大きく際立つ。

また憧れのビッグウェーバーとして、脇田貴之を挙げるサーファーも多い。大波への求道的な姿勢は海外でも高く評価され、ライフワークでもあるパイプラインでのパフォーマンスはもとより、エディ・アイカウ・メモリアルにも日本人で唯一招待されていた。

このようにサーフィン上達の近道の一つが、「こんなサーフィンをしたい!」という憧れのサーファーを持つことなのだ。そして、そのスタイルを真似してみるのだ。ただ漠然と波に乗るよりも、その上達のスピードも効率もぐんとアップするはずだ。世界で活躍するプロサーファーでも、身近な海にいる先輩サーファーでもよし。自分のレベル云々は関係なし。まずは目標とする憧れのサーファーを決めよう。そうやって、みんな上手くなってきたのだから。
注目の五十嵐カノアは、東京オリンピックにも日本代表選手として出場し、見事に銀メダルを獲得した!

関連記事はこちら>>>

【五十嵐カノア】代表の椅子を獲得した日本のエース|オリンピック サーフィン

【五十嵐カノア】代表の椅子を獲得した日本のエース|オリンピック サーフィン

2021年07月20日

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load