BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

カリスマサーファーが考えるマジックボードとは?  #1|ロビン・キーガル

カリスマが考えるマジックボードとは。サーファー、そしてシェイピングも手がける6人に、マジックボードについて質問を投げかけた。カリスマ達にとってマジックボードとはどのような存在なのだろうか。今回、答えてくれるのはロビン・キーガル(ROBIN KIGEL)。世界で活躍する孤高の天才シェイパーだ。
◎出典: NALU(ナルー)no.121_2021年7月号

ダイナミックさと完璧なバランス、それが波の上で勝手に動き回わる。

Q:マジックボードとは?
ボードの中には特別な成分を持っているものがあるんだよ。ライダーに頼らず、ボードそのものがサーフィンしているような感じ。ダイナミックさと完璧なバランス、それが波の上で勝手に動き回わるんだ。マジックボードは、ライダーが快適にサーフィンを続けること、つまりサーファーがエクササイズと日々のサーフィンに興味を持ち続けることにとって重要な存在となる。でもマジックボードは限られた数しか存在しない。サーフボードはものすごくたくさんあるけど、それがすべての人にとってのマジックボードになれるわけではないんだ。

Q:これまでマジックボードに出合ったことは?
ああ、僕はかなりの数を持っているけど、それらは唯一無二のものばかりだよ。通常、シェイプの個性が強ければ強いほど、ラディカルな特徴が出てくる。すごく薄いもの、厚いものなど、いろんなシェイプを試してみるけど、すべての特徴がマジックボードに通じるているよ。たとえ使い古したものであっても手放さないようにしている。そしてそのボードを可能な限り乗り続けて持ち続ける。その次に自分に合うもの、感覚や乗り方は違っても、同じように興奮する別のスタイルを見つけるまでね。

▲現在のマジックボード、D.A.G.でチャージ。「このボードは、波の大小にかかわらず機能するんだ」

シングルフィンのマジックボードを見つけるのは簡単だ。

Q:マジックボードを持っているなら、そのスペックを教えて。
写真は僕がD.A.G.と呼んでいるものさ。船と同じように、マジックボードも一本一本が個性的だから、名前をつけるべきだと思うんだ。D.A.Gは10’5”×23”×3 1/4”。長さの割には、幅も厚みもそれほどないけど、ボードが最適なラインに導いてくれるんだ。テールはハードエッジではなく薄くテーパーされ、テールとノーズが少しとがっているんだ。それによって従来のトリムスタイルのボードのようにテールのエッジによってコントロールしにくいということがなくて、スムーズな移動とグライドが可能なんだ。それはセーリングボートの船体に似てるとも言えるだろう。

そしてこのD.A.G.は波の大小にかかわらず機能するんだ。すごく太い1インチのレッドシダーストリンガーを使用してるんだけど、決して重すぎず、硬すぎずターンしたい時にターンができるんだ。そのストリンガーが生み出す個性が、このボードがマジックになる大きな理由なんだ。その太いストリンガーのボードに乗ると木の本質が海の波に反応し、振動は木の剛性に応じて、ある時は硬く波を切り裂き、ある時は波にフィットするようにしなる。つまり波のフェイスにオートマチックに反応するんだ。

Q:どうすればマジックボードに出合うことができる?
最も重要なことは、ライダーとサーフボードのバランスだ。ライダーの体型、体格、能力などと、ボードの浮力、長さ、レール、厚さ、ボトムとボード全体のアウトラインがマジックなフィーリングを創り出す。デザインとレールのフォイル、ロッカー、厚み、そしてライダーがどのように反応するか、またはシェイプの中でどのように作用するかが重要なんだ。これは、ボードがどのように浮くか、どのようにパドルするか、どのようにサーフィンするかによって反映される。サーフボードを海に入れた瞬間に、どのように反応するかがわかるんだよ。最初の数分のパドリングで、自分がそのボードに対してどのように感じているかがわかる。シングルフィンの特徴は、モノラルのセイルボートのような形をしていることなんだ。スピードは、ボードのプランニングから生まれるんだ。

一般的にセンターフィン自体はフレックスするけれど、スラスターみたいにボードを前に押し出したりはしない。スラスターボードはパドリングが上手くできなかったり、違和感があったりするかもしれないけど、ボードのプランニングに加えて、内側に傾いたサイドフィンによってスピードを生み出すことができる。シングルフィンは、スピードを生み出すためにフィンよりも、ボードのプランニング、ロッカー、アウトライン、浮力の方が重要。だからシングルフィンのマジックボードを見つけるのは簡単だ。パドリングを始めた瞬間から、スイートスポットやトリムスポットを感じることができれば、そのボードはマジックボードになる。サーファーによって腕の長さ、体重、能力、視力などが微妙に違うので、一人一人のマジックボードは違う、ということになるんだよ。

▲カリフォルニアのサーフシーンの喧騒とコマーシャリズムに嫌気がし、2012年にフランスに移住した

Profile

2005年、「Creme(クリーム)」を立ち上げる。「クリームクルー」と名乗る才能あふれるロングボーダー、アレックス・ノスト、CJネルソン、コーディ・シンプキンズ、クリスチャン・ワックらが集結。カリフォルニアのみならず世界のシングルフィン・サーフシーンに大きな影響を与えた。現在はフランスにベースを構え、ハイブランド「GATO HEROI(ガトヘロイ)」を手がけている。レジェンドやコアなサーファーから高い支持を得ている。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load