BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ミッドレングスラバーをスナップ!<後編>

今もっともホットなカテゴリーと言っても過言ではないミッドレングス。 ここ数年で海でも見かけることが格段に増えてきたはず。では実際みんなはどんなボードに乗っているの? そんな疑問を解決すべく、ミッドレングスを愛用するサーファーに、お気に入りのボードを紹介してもらいました。
◎出典: NALU(ナルー)no.116_2020年4月号

新城 譲プロ/TRANSISTOR BRAND

ハル+Vボトムであらゆるコンディションに対応

「ロングボーダーでも乗りやすいミッドレングスとして開発したモデルです。ミニピグのようなアウトラインですが、読みづらいビーチブレイクの波や面の悪いコンディションでも乗りやすいように、ノーズ寄りは抑えめのハルボトム。テールにかけてはVボトムにしてあるので、トップでの切り返しやカットバックでもスムースにターンに移行できて、長さを気にせず乗ることができます。腰腹サイズから使えるオールラウンドボードです」

テールはソフトダイヤモンド形状。踏みごたえはありつつレールの切り返しがしやすい

甲斐武憲さん/HOBIE

タイラー・ウォーレンシェイプのミッドレングスハル

「もともとロングボードやフィッシュに乗るんですが、以前はミッドレングスってどっちつかずの中途半端な印象があったんです。でもこれに乗ってからはそのイメージが変わりました。長さがあるのでテイクオフが速く、乗った後も動きがいいですね。今は波を見て悩んだら、これを出しちゃいます(笑)」

ハルコンセプトの薄いテールに合わせ、アンドレイニのフレックスフィンをセット

寺内 崇さん/PSICOM

ビッグフィッシュならではの加速感がやみつきに

「3〜4 年ほど前にオーダーして作ってもらったビッグフィッシュです。とにかくスピードが速いのが気に いっているところですね。ロングショルダーの波で、フェイスに張りつきながらかっ飛んでいくのが最高に 気持いいんですよ」

シェイパーは小野塚智之さん。ブランクスにはクラークフォームを使用した、希少性の高いボードだ

松永光人さん/THOMAS SURFBOARDS

細めのノーズとテールがサイズのある波にもフィット

「ノーズとテールが細くマニューバーがしやすいボードですね。レールも薄めでサイズのある波でも十分対 応できます。長さは7’3”あるのでもちろん小波も問題なし。こればっかり乗ってしまって、短いボードに戻 れなそうです(笑)」

テールまわりは厚みも抑えめ。「サイズにかかわらず掘れ気味の波と相性が良いです」

佐藤裕大さん/MABO SURFBORDS

クラシックなデザインが魅力のヴィンテージボード

「今の時代ではなかなかお目にかかれないこの渋いルックスが気にいってます。ユーズドで数ヵ月前に手に入れたばかりなんですよ。レールが分厚くテールが細いクラシックなデザインで、昔のサーファーのすごさを思い知らされますね。まだ小波でしか乗ってないのでサイズのある波で試してみたいです」

リーシュはフィンに空けられた穴を使い装着。リーシュホールがない時代の方法だ

ミッドレングスラバーをスナップ!<前編> はこちら>>>

ミッドレングスラバーをスナップ!<前編>

ミッドレングスラバーをスナップ!<前編>

2021年10月16日

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load