BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ミッドレングス・インプレッション!<ビッグフィッシュ>

ロングボードでもない、ショートボードでもない、そんな中途半端なサーフボードたちが今、世界中のサーフシーンで注目を集めている。その名も「ミッドレングス!」サーファーやシェイパーたちの自由な発想の中から生まれた個性豊かなサーフボードたちが、ショートボード・レボリューション以来の力強い潮流となって、新しいサーフィンの扉を開いた。そんな個性豊かなボートたちを二人の偉大なマスター、宮内謙至&牛越峰統が試乗した。

◎出典: NALU(ナルー)no.116_2020年4月号

Big Fish type(ビッグフィッシュ・タイプ)

究極のスピードを求めて、ショートボード・レボリューション期に生み出されたデザインを、多くのシェイパーたちが新たなる可能性として模索し続けているビッグフィッシュ。新しい時代の扉が開こうとしている。

不屈の名作が、時代を超えて様々なシェイパーの手によって進化した!

ビッグフィッシュって、正直に言うと今までの僕のサーフィン歴の中では体験したことのないカテゴリーで、だからこそあまり先入観を入れずに、僕のライディングスタイルのまま乗らせてもらったんだけど、まず一番驚いたのはスピード。やっぱりフィッシュ系ボード最大の特徴であるスピード性能はハンパじゃない。しかもレングスも長いからテイクオフから 物凄い滑走してくれるので、逆にそのスピードどうコントロールするのかがこのタイプのボードのキモだと思う。僕の場合、やっぱりショートボードがメインでアグレッシブなマニューバーが好みだから、クアッドのセッティングがどちらかと言うと乗りやすかった。逆にフィッシュ・シモンズなどのクラシックなタイプは、グライドするようにスタンスする位置を波のセクションによって前後させながらスタイリッシュ にクルーズするといいんじゃないかな。こっちはどちらかというとロングボーダー向けかな」−−Review from 牛越峰統

<ボード1>Josh Hall Surfboards

Fish Simmons / 7’7″×22″×2 7/8″

ジョシュ・ホールのミッドレングスのラインナップの中で、最も人気の高いモデル。フィッシュシモンズでしか味わえないスピードとターン性能の高さは、今まで乗って来たボードとは比較にならないレベル。

<ボード2>FIREWIRE

SEASIDE & BEYOND / 7’0″×21 3/8″×2 11/16″

スキップ・フライと過ごした時間の中でインスパイアされたロブ・マチャドが生み出した、ハイパフォーマンス・ビッグフィッシュ。マチャド自身があらゆる波でテストを重ねたまさに傑作。

<ボード3>McCallum

Twinzer Fish / 7’2″×21 1/4″×3″

マッカラムの気持ち良いドライブ&フローとハイパ フォーマンスツイン=ツインザーが楽しめる一本。カラーリングもアート性が高い。

ビッグフィッシュは奥深い

ビッグフィッシュという言葉だけでは括り切れない

「ビッグフィッシュと言えばやっぱりサンディエゴのスキップ・フライが代名詞で、現在のビッグフィッシュ達は、その流れの伝統を守ったクラシックなデザインと、逆にエッグボードとフィッシュを融合させたデザイン、さらにはパフォーマンスを重視させた最新のデザインだったり、とにかく世界中のシェイパーやボードデザイナーが今注目を集めているジャンルだと思うけど、共通して言えるのは、ロングショルダーの波でこそその性能をフルに発揮してくれるボードで、そこでの超高速グライドこそが真髄ということ。特にクラシックになればなるほど顕著だと思う。でも、このビッグフィッシュでしか味わえない乗り味というものがあるのも事実で、ハマっちゃったら、それこそこれしか乗らなくなっちゃうんじゃないかな。それくらい奥が深いデザインだと思う。だってロブ・マチャドがハマるくらいだからね。とにかくこのビッグフィッシュは、まだまだ進化して、とんでもないパフォーマンスボードになるかもしれない。個人的にもすごく興味のあるタイプのミッドレングスだね−−Review from 宮内謙至

<ボード4>Mitsven

Fish Simmons / 7’8″×21 1/4″×2 15/16″

匠ボブ・ミツベンの美しいシェイプでフライ・スタイルのフィッシュシモンズがよりユーザーフレンドリーなトータルバランスを持つ一本に。

<ボード5>JON WEGENER

E=mc2 Model / 7’8″×23″×3″

シモンズをベースに、ハイテクな理論を詰め込んだハイブリッドボード! ボトムは、フラット〜ビッグシングルコンケーヴ+ストリンガーがへこんだチャンネルシェイプ。

出典

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load