BRAND

  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

ジュリ・エドワードのヨガ×サーフィン|肩こりを解消!意識で変える体作り

肩甲骨の可動域を広げれば、サーフィンはもっと快適になる。今回はヨガを通して、自分の意図で体を動かす”意識“を学んでいきましょう。

「ジュリ・エドワーズの
ヨガ×サーフィン」
記事一覧を見る

意識を使って身体を動かす

多くの人の悩みである「肩こり」。サーファーにも慢性的なな肩こりでお悩みの方はたくさんいるはずです。私もそのタイプの一人ですが、長時間サーフィンをしたり、夢中になってパドルをしたセッションの後は、肩も首も疲れて翌日の肩こりに悩まされます。でも、そのような疲れとは無縁のサーファーもいます。その人たちと私達の違いは何でしょう?それは肩甲骨です。

彼らの多くは肩甲骨の可動域が広く、肩甲骨が背骨の上を滑るように動かすことができます。肩こりの人は、肩甲骨が癒着したようになり、動きが悪くガチガチなっていることが多いのです。それによって起こるのが、身体の動かし方の癖。理想は、腕をあげる時に肩甲骨が翼のように外側に開くこと。しかし肩甲骨の可動域が狭いと肩甲骨も一緒に真上に上がってしまいます。それが緊張したり、力が入っている時に起こる、「肩が上がる」という現象です。

肩こりの人は、肩を上げる際に使われる僧帽筋を使う癖が付いている場合が多く、肩が上がり、首が縮まった状態での上半身の作業が、その癖をさらに強くしていきます。パドリングでもこの僧帽筋を使ってしまう人が、肩こりになってしまうのです。これを治すには、意識して肩甲骨を下げることが大切。今回のポーズはすべて、肩甲骨の安定がテーマです。そのため、脇を締め、脇から背中側につく筋肉の広背筋を意識してください。自分の意識を使って、身体を動かすことを教えてくれるのがヨガです。体の癖を知り、よりよいサーフィンライフを送りましょう!

不安定なポーズでバランス力を鍛える

イーグル|Eagle

片足のみで立つ「イーグル」は、左右のバランスを整えるのに最適。呼吸を使って心を落ち着かせ、集中して行おう。目線を1点の場所に集中すれば、バランスも取りやすくなる。

右腕を左腕の下に入れる。足を閉じて膝を曲げ、体重はかかとに乗せる。

両肘を曲げて、手の平と手の平を合わせる。手がつかない人は肩に手を回すだけでもOK。このとき、肩と肩甲骨を下げることを意識する。

足を組むようなイメージで、右足を左足の上に置く。

右足のつま先を左足のすねにひっかけ、左膝をしっかりと曲げる。上半身が前かがみにならないように起こし、肘を少し上に上げることで肩のストレッチになる。

呼吸への意識でポーズを深める

パダングシュターサナ|Padangushta

腰~ハムストリング、お尻の柔軟性を高めるこのポーズは、呼吸をしながら徐々にポーズを深めていきたい。体重はなるべくつま先側に乗せ、坐骨は天井に向けるように意識すること

両足を腰幅に開き、両手の人差し指と中指でピースサインを作る。人差し指と中指で足の親指を掴みましょう!

前屈をして、1で作った2本指で両足の親指にひっかける。目線は前、坐骨を後ろに突き出すイメージで。膝は曲げてもOK。

息を吐きながら頭頂を地面に向ける。肩をだらんと首に近づけるのではなく、肩甲骨を下げることを意識。上半身の重さを使ってもも裏も伸ばす。

疲れやすい腰もしっかりストレッチ

ブリッジ|Bridge

デスクワークや車の運転など、普段から前かがみになることの多い腰と胸も忘れずストレッチ。肩が上がってしまいがちだが、耳から肩までの距離を開け、首の下を長く保つ意識で行う

まずはリラックスした状態からスタート!仰向けに寝て膝を曲げ、足裏が腰幅になるように開く。両手は身体側に伸ばし、中指が少し触れるくらいの場所にかかとをおく。

息を吸いながら、かかとで床を踏み込み、両手の裏側で地面を押しながら腰を上げる。首が動かないように目線は1点に集中。この時、膝を開かず、膝が足首の真上にくることを意識する。

肩と肩を寄せ合いながら、手を地面に置いたまま両手を組む。

体の安定感を高める定番ポーズ

ウォーリアツー|Warrior2

足を力強く踏み込み、両足にしっかりと体重を乗せて、開いた両手の指先まで”意識“を向けること。肩に力が入らないようにリラックスして行おう。

両足を肩幅2個分くらい広げる。

右足を外側に向けて、右足のかかとから左足の土踏まずが一直線になるように立つ。この時、左足のつま先はやや内側に向ける。

右膝が足首の真上にくるように曲げ、左足は小指側までしっかり踏み込む。両手を肩の高さで広げて、目線は右の指先の先へ。

 

ジュリ・エドワーズ

さまざまな分野でマルチに活躍するヨガインストラクター。カリフォルニアやハワイで得た世界観を活かし、クリエイティブにヨガやマインドフルネスの新しい形を次々と提案し続けている。原宿にオープンした自身のスタジオIGNITE YOGA STUDIOを手がける。現在はイグナイトヨガオンラインスタジオもオープン!
IG: @jurikooo

 

「ジュリ・エドワーズのヨガ×サーフィン」記事はこちらから。

「ジュリ・エドワーズの
ヨガ×サーフィン」
記事一覧を見る

SHARE

PROFILE

NALU 編集部

NALU 編集部

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

テーマは「THE ART OF SURFING」。波との出会いは一期一会。そんな儚くも美しい波を心から愛するサーファーたちの、心揺さぶる会心のフォトが満載のサーフマガジン。

NALU 編集部の記事一覧

No more pages to load