BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • トリコガイドシリーズ
  • buono
  • ei cooking
  • Yogini
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD

筆とまなざし#113「アフリカの民族料理、クスクスを試してみました」

山ごはんの強い味方?!

最近、クスクスを買いました。クスクスを初めて食べたのは大人になってからで、それから数回しか食べたことがありません。今年の夏にフランスに行ったとき、スーパーで買って晩ごはんにしました。それが気に入って、先日たまたま近所のスーパーで「おつとめ価格324円」になっているのを見つけ、買ったのでした。

先日知ったのですが、クスクスの原料はパスタと同じデュラムセモリナ粉。箱の裏面に書かれた調理方法を見てびっくり。とっても短時間で調理できるのです。調理方法はこんな感じ。

「250gで3〜4人分。①鍋に250mlの水を入れ、植物油大さじ1杯、塩小さじ1杯を加え、沸騰させた後、火から下ろす。②クスクス250gを①にかき混ぜながら加え、さらによく混ぜる。③2分間そのまま置いて水分を吸わせる。④大さじ2〜3杯のバターを加え、固まらないようにかき混ぜながら弱火で3分間加熱する」

加熱する時間が短いのはガスの消費量を抑えられ、しかも全体の調理時間が短い。これは山のご飯に最適ではありませんか!
しかも500gで324円(おつとめ価格だけれど)と、アルファ米より格段に安い。出来上がったクスクスにフリーズドライやレトルトのカレーをかけてもいいし、スープのなかに入れてもOK。炒めた野菜を混ぜてピラフっぽくしてもいい。
基本的に調理方法は上記のとおりだけれど、バターがなければほかの方法で固まらなくすればいい。アレンジ次第、山行によってさまざまなレパートリーが可能です。美味しくって腹持ちもいいのもすばらしい。
今日の昼ごはんはナスとエノキのバター風味クスクスにしました。このくらいなら山でもお手軽に作れます。

クスクスってみなさん結構食べているのでしょうか? 北アフリカの民族料理、山のごはんにオススメです。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load