BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

緊急時に忍ばせたいバーナー。どの素材が一番ベスト?標高1900mで湯沸かし実験

PAGE
2 / 5

テストしたストーブはこの3台

(左)風にも寒さにも強く、高火力なガスストーブの雄

SOTO/マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスターSOD-310 ¥7,400
パワーガス105トリプルミックス SOD-710T ¥540

【問】新富士バーナー

低温時でも火力が衰えにくいマイクロレギュレーターを装備。独自の凹型バーナーヘッドは風に吹かれても炎が流れず、短時間で湯を沸かせるため、多くのハイカーが愛用する。

(中)エマージェンシーといえば、この固形燃料ストーブ

エスビット/ポケットストーブ スタンダード ¥1,500

【問】飯塚カンパニー

ドイツ、スイス軍に正式採用されている固形燃料ストーブ。高山や氷点下でも安定した炎を得られる。1タブレットの燃焼時間は4分。2〜4個を同時に燃やし、火力調節も可能だ。

(右)軽さ重視ならチタン製アルコールストーブ

エバニュー/チタンアルコールストーブ ¥3,800
アルコールストーブ用チタン十字ゴトク ¥1,000

【問】エバニュー

ULハイカーに愛用者が多いアルコールストーブ。チタン製で非常に軽く、しかも安定した炎、加熱面積を広くするために側面からも炎が出る仕様。燃料30㎖で約5分燃焼する。

エマージェンシー用として、ガスバーナーのほかアルコールストーブ、固形燃料ストーブも実験

実験した場所は大菩薩峠からひと山越えた石丸峠の草原。標高は約1900m。天候は曇り時々晴れ。気温28℃。峠を抜ける風を顔に感じ、葉や小枝が揺れる風速3mほどの風が吹いたり止んだりを繰り返す状況。

湯沸かしに使ったクッカーはエバニューのチタンポット500。それにカップヌードル1個分の湯量300㎖の水を入れ、沸騰するまではフタをして燃料消費を抑制した。

ガスバーナーだけでなく、アルコールストーブ、固形燃料ストーブを選んだのは、今企画がエマージェンシーをテーマにしているから。デイハイク等でバーナーを使わない人やグループでも、エマージェンシー用として装備しておけば、白湯を飲んで体を温めるだけでなく、寒気を感じたらボトルに沸かした湯を入れて湯たんぽにできる。それで脇の下や股を温め、夏山でも起こりえる低体温症を予防できるのだ。

湯沸かしの速さだけならガスバーナーが優位。でも、エマージェンシーの観点では携帯性に優れ、故障しにくいアルコールストーブと固形燃料ストーブも選択肢に入ると考えた。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load