BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「八方」白馬エリア|登山口スポット【登山口】

せっかく遠くの山へ行くのだから、山行計画が“山登り”だけで終わってしまってはもったいない!下山後に入る気持ちのいい温泉や、地元の名物を肴に飲む一杯の地酒など「下山後」がもっと充実する登山口周辺のスポットを紹介しよう。

白馬エリア|登山口スポット【登山口】一覧

季節問わず賑わうエリア随一の便利な登山口

ゴンドラとリフトを乗り継げば、唐松岳、五竜岳などをつなぐ稜線までは約3時間半で行けてしまう。唐松岳からは北アルプス全体がよく見える

冬場は国内屈指の人気ゲレンデとして、海外からのスキー客でも賑わう白馬北方尾根スキー場。スキー場のゴンドラは夏場も動いており、これが登山者にとっては大変便利。ゴンドラと2本のリフトを乗り継ぐと、1,830mまで一気に標高を稼ぐことができるのだ。初級者や子連れならば、そこから歩いて1時間ほどの八方池まで歩くだけでも十分に北アルプスの雰囲気を味わえる。中上級者は唐松岳や五竜岳の山頂を狙ったり、白馬三山方面への縦走も計画できる。登山口前に駐車場は豊富にあり、そのほとんどは無料で利用できる。混雑しがちなお盆の時期は、バスターミナルまで徒歩2分の八方第5駐車場(100台。無料)に車を停めてバスで猿倉を目指すのもあり。ここから猿倉行きのバス停は、夏期のみ設置される。

八方エリアには駐車場がいくつも点在しており、そのほとんどが無料で利用できる
第5駐車場にはトイレも併設されている
第2駐車場には、無料の足湯「和の足」がある。第5駐車場からは徒歩3分ほど

八方

最寄り駅:JR白馬駅
登山口までのバス会社:アルピコ交通白馬営業所
アクセスできる主な山域:唐松岳、五竜岳
閉鎖期間:なし
水場:あり
トイレ:あり
テント場:なし
チェーン:12月~3月

駐車場

580台(うち400台無料)※ゴンドラ前の八方ゴンドラ駐車場のみ、繁忙期は有料(600円/1日)

アクセス

長野ICから車で約55分。JR白馬駅からバスで約10分、タクシーで約10分

※2016年8月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

白馬エリアの登山口スポット情報はコチラ。
白馬エリア|登山口スポット【登山口】一覧

白馬エリア|登山口スポット【食事&土産】一覧

白馬エリア|登山口スポット【温泉】一覧

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load