BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「上高地西糸屋山荘」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

木の温もりあふれる、落ち着いた佇まい

上高地・河童橋周辺から遊歩道を歩いて2分ほどの場所に位置するこの山荘は、カラマツ、白樺に囲まれた静かな雰囲気が魅力的。設備、サービスともに旅館となんら変わりない。その歴史は古く、1928年から宿舎としての営業を続けているという。

本館の入口をくぐると、木の香りが鼻腔をくすぐる。1962年に建てられた旧本館の時代から使用しているという大階段が、清潔感ある内装に違和感なく馴染み、まさに「木の温もり」を感じることができる山荘だ。

本館の横には、よりリーズナブルな価格の山小屋然とした旧館もあり、こちらは約80名収容可能。1泊数万円するホテル、旅館が建ち並ぶ上高地において、1万円前後で宿泊できるこの価格設定は非常にありがたい。

館内施設

陽光差し込む食事スペース

クラシックがおだやかに流れ、木々の影とともに太陽の光が差し込む。標高1,500mを超える場所にいることをつい忘れてしまう空間だ。

カフェも併設

宿泊客にはコーヒー、紅茶は無料で振舞われる。立ち寄りももちろん可能。

上手に活用したいコインランドリー

旧館の前に設置。山で汚れた衣類をここでサッパリさせて帰るのもアリだ。

食事

朝食

卵焼き、鮭の塩焼き、山菜のおひたし、ポテトサラダなど、さまざまなおかずを少量ずつ食すことができる、バランスのとれた朝食だ。

夕食

前菜にはじまり、椀盛り、お造り、 洋皿、イワナの塩焼きと続き、最後にはデザートもついてくる、旬の食材を使った本館の夕食は満足度◎。

お土産・売店

売店も併設。上高地の風景や自然をモチーフにしたオリジナルのタオルや手ぬぐいは、観光客、登山客問わず人気の商品だ。

部屋

どの部屋も広縁(室内縁側)つき。静かな佇まいをもち、耳をすませば梓川の瀬音が聞こえてくるほど。少人数ならば、夕食を部屋でとることもできる。

風呂

ミネラル豊かな伏流水を使用した浴場からは、湯に浸かりながら穂高連峰を眺めることができる。サウナつきで、歩き疲れた体を癒すにはもってこいだ。

豊富な蔵書をもつ談話室が魅力的

山岳関連書籍や写真集、雑誌、マンガ、DVDが豊富に並ぶ談話室。なかなかお目にかかれない古い山雑誌も数多く、時間を忘れて見入らないよう注意!

「上高地西糸屋山荘(かみこうち にしいとや さんそう)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

4月27日~11月上旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:良好
ソフトバンク:良好
公衆電話:あり

収容人数

200人

標高

1,500m

宿泊料金

本館:10,000円~
別館:8,500円~
お弁当:650円

連絡先

0263-95-2206
http://www.nishiitoya.com/

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load