BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「中の湯温泉旅館」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

焼岳の麓にある温泉宿

安房トンネルが開通する1997年以前は最奥の温泉宿として、秘境の風情が感じられた宿。当時は釜トンネルの入口近くにあり、河原にあった露天風呂では、上高地への路線バスからも入浴している人の姿が見られた。

安房トンネルの開通時に現在の場所で新規オープン。上高地と変わらない標高1,530mの立地は、穂高連峰の展望にも恵まれ、眺めを楽しみながら入浴できるのが魅力だ。

釜トンネル入口には売店があり、橋の袂には「卜伝の湯」という有名な洞窟風呂もあり、貸し切り温泉として利用できる。

中の湯温泉からは焼岳への登山道が通じており、入下山のおりに利用したり、上高地への行き帰りに寄るのもいいだろう。

館内施設

眺めのよいロビー

広々としたロビー。窓が大きく、開放感あふれる空間だ。目の前には穂高の山々が。残雪の残る時期はとくにあざやかに見える。

野鳥観察も

ロビーにはフィールドスコープがあり、宿にいながらにしてバードウォッチングができる。

売店がここにも

釜トンネルの入口脇に建つ売店。上高地への行き帰りに目にしたことがあるだろう。

食事

朝食

朝食も盛りだくさん。焼き魚や海苔、卵焼きなどの定番的朝食メニューのほかに朴葉味噌が出るのは、この地域ならではだ。

夕食

夕食メニューの一例。刺身、鍋、イワナの塩焼き、押し寿司など、さすが温泉宿というフルコースメニュー。満足感は非常に高い。

お土産・売店

品揃え豊富な館内の売店。ピンバッジや携帯ストラップ、穂高周辺の定番・漫画『岳』のクランチチョコ(¥530)なども購入できる。

部屋

各部屋にテレビや冷蔵庫が備えられており、ゆったりした空間で過ごすことができる。ドアはオートロックなのでカギの閉じ込みには注意。

風呂

露天風呂。

内風呂。

卜伝の湯。戦国時代の剣豪、塚原卜伝にちなんだ湯は、釜トンネルの橋を挟んだ対岸にある個性的な洞窟風呂(貸切)。

冬季の利用も◎

通年営業しているため、冬に上高地に入る際の足掛かりとして利用価値が高い。バス停のある釜トンネル入口まで送迎サービスがあるのもありがたい。

「中の湯温泉旅館(なかのゆおんせんりょかん)」の基本情報

設備

テント場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:あり

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:良好
au:良好
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:あり

収容人数

120人

標高

1,530m

宿泊料金

1泊2食:10,000円
素泊まり:なし
お弁当:860円

連絡先

0263-95-2407
www.nakanoyu-onsen.jp

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load