BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「ヒュッテ大槍」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

通はここを選ぶ穴場的小屋

槍ヶ岳を望む東鎌尾根上に建つ、食事が名物の山小屋。槍ヶ岳登頂後に足を運ぶ人も多く、口コミやリピーター客が多いことがここの魅力を物語る。

この小さな小屋の特徴は、なんといっても食事。冷凍食品をほとんど使わず、山小屋とは思えないほどのクオリティの高さ。夕食時にワインが振る舞われる。

眺望のよさも特徴のひとつ。東鎌尾根上に建っているため、朝日に輝く槍ヶ岳を眺められるほか、表銀座コースの全容も望むことができる。穂高方面の展望も抜群だ。

アットホームな雰囲気と上質な食事、落ち着けるロケーションと、一度来たらリピートしたくなる小屋だ。

館内施設

ベテラン支配人

燕山荘の支配人を12年務め、表銀座周辺の山々に精通した井村克彦さんが支配人を務める。

乾燥室

こぢんまりとした乾燥室は、食堂、部屋と続く横長の造りの小屋の奥のほうに位置する。

明るい食堂

穂高連峰が望める窓が設けられた食堂。特徴的なテーブルクロスもここの名物のひとつ。

水は下の沢から

洗面スペース。水は下の沢からくみ上げているこだわりよう。当然のことながら美味い!

食事

食事は特徴のひとつ。宿泊客の多くは、ここの食事を楽しみにくるほど。冷凍の食材は極力使わず、手作りにこだわったメニューは、ほかの山小屋では味わえないレベル。昼食だけでもぜひ立ち寄ってみてほしい。

お昼メニューの一部、大槍特製つけ麺。

お土産・売店

お土産の種類は多くないが、田淵行雄氏デザインの3種類の個性的な手ぬぐいはおすすめ。

部屋

基本はカイコ部屋のみ。部屋や窓枠などの造りはレトロな風合い。天気が良い日には窓から穂高連峰の稜線が一望できる。

1957年に移転

歴史は古く、1921年に槍ヶ岳を望める小屋として建てられた。1957年に雪崩の影響で移転し、現在の位置に再建されたが、小屋からの槍ヶ岳の眺めは変わらず壮観だ。

「ヒュッテ大槍(ひゅっておおやり)」の基本情報

設備

テント場:なし
水場:なし
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:あり

営業期間

6月末〜10月上旬

電話・電波

ドコモ:良好
au:不安定
ソフトバンク:通話困難な場合が多い
公衆電話:なし

収容人数

96人

標高

2,884m

宿泊料金

1泊2食:10,000円
素泊まり:6,500円
お弁当:900円

連絡先

0263-32-1535
www.enzanso.co.jp/ooyari

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load