BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「高天原山荘」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

ランプと秘湯の山小屋

北アルプスの最深部にある天然温泉「高天原温泉」の近くに建つのが高天原山荘。数ある北アルプスの山小屋のなかでも、もっともアクセスに時間と労力のかかる小屋のひとつだ。

いちばん近い登山口である折立からのコースタイムは、約12〜13時間。よほどの健脚でない限り、一日でたどり着くのは難しい。

ここを訪れる登山者たちの目当ては、小屋から15分ほど下った渓流に湧く天然温泉。自分の足で歩かなければ決してたどり着くことのできない秘湯中の秘湯として、温泉好きの間でも有名。アルプスの奥から湧くくワイルドな湯に身を浸せば、疲れも湯に溶け出してしまうだろう。温泉にだけ立ち寄る人も多いが、ぜひ時間に余裕を持って小屋でのんびりと、この非日常感と癒しの時間を味わってほしい。

館内施設

受付

入ってすぐの受付は大きな窓があって明るい雰囲気。お土産などもこちらで販売している。

食堂

改装されて間もないので、壁もテーブルもとにかく清潔感があってキレイ。

夜はランプを灯す

客間の照明はランプを使用。山奥の雰囲気をさらに盛りたてる演出。

食事

夕食

この日は、野菜の天ぷらをメインに、スパゲティサラダ、山菜、冷たいうどんなどがついており食べごたえ充分なメニュー。日によっては自家製のネパールカレーが出ることもあるそう。

お土産・売店

小屋前の大きな入れ物に水を張り、その中でジュースやビールを冷やして提供している。高天原温泉の帰りには必ず立ち止まってしまうはず。手ぬぐい、Tシャツなどのグッズ類は中の受付でチェックすることができる。

DATA
缶ビール350ml:¥600
ペットボトル:¥400
日本酒(1合):¥600
Tシャツ(半袖):¥3,000
手ぬぐい:¥700
バッジ:¥500

部屋

部屋は1階、2階とあり、どちらもカイコ部屋となっている。寝具がすべて新しいのがうれしい。

ここがオススメ

北アルプス秘湯中の秘湯

小屋からさらに20分ほど歩いた場所にある高天原温泉。沢沿いの気持ちのよいロケーションで、心も体も自然と解きほぐれる。

男女混浴の露天風呂のほかに、目隠しがついた女性用風呂があるので、女性も安心して入れる。

「高天原山荘(たかまがはらさんそう)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:なし
自炊室:なし
乾燥室:あり
お風呂:あり
生ビール:なし

営業期間

7月初旬〜9月末

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

50人

標高

2,130m

宿泊料金

1泊2食:¥9,700
素泊まり:¥5,500
お弁当 ¥1,000

連絡先

076-482-1917
http://ltaro.com/

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load