BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「薬師沢小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

黒部源流のど真ん中

太郎平小屋から谷を下り、小さな沢沿いを縫うように歩いて森に入ると、水音が大きく響き始める。そして突然視界に飛び込んでくるのが、清流脇の岩の上に建てられた薬師沢小屋だ。

日本全国に川の近くに建つ山小屋はあっても、ここまで川と一体化した小屋はないだろう。山小屋というよりは沢小屋と呼びたくなる風情を漂わせ、山登りとはひと味違う景色や遊びの拠点となる。

折立登山口からは、コースタイムで見るとギリギリ一日でも歩くことができる距離にある。この先にある雲ノ平、さらには裏銀座や新穂高方面への縦走を目指すなら、初日はここに泊まるのも便利。雲ノ平方面に向かうとすぐに、この谷から溶岩台地まで一気に登る急坂が待ち受けているので、ここでひと息入れて覚悟を決めていくのが賢明だ。登りきった先は、よく整備された登山道が森の中を延びる美しい景色があなたを待っている。

黒部源流で遊ぶことを目的にこの小屋を目指すのもいいだろう。沢登りに挑戦するもよし、渓流釣りに熱中するもよし。釣りが解禁になるのは、7月1日から9月30日の3カ月間のみなので覚えておこう。

黒部源流を満喫せよ!

雲ノ平方面への縦走を目指す宿泊者を除き、ここに泊まる登山者の目的は小屋の目の前を流れる美しい黒部源流で遊ぶことだろう。雨のあとでなければ、一点の濁りもない清流が出迎えてくれる。

なかでも、禁漁期間が解ける夏場は多くの渓流釣り好きが集まる場所である。小屋の中には釣り人たちの足跡がいたるところに残されており、夜になれば各々がその日の釣果を肴に酒を酌み交わす。釣り以外にも川を絡めた楽しみは多い。川沿いに下れば温泉に入れる高天原山荘があり、川沿いを上がれば黒部源流から赤木沢など、レベルに合わせてさまざまなルートの沢登りが楽しめる。

注意したい点は、雨が降り始めたら急いで河原から離れること。黒部源流に降る雨はすべてこの沢に集まって流れ出すといっても過言ではない。そのため、水かさが一瞬にして上がり鉄砲水も発生するので注意が必要だ。

釣り人たちの足跡が残る

小屋の本棚に目を向けると、フライフィッシングや魚の生態に関する本など、とにかく釣りに関する本の多さが目につく。小屋の中を見て回ると、魚の絵や魚拓なども飾られ、まさに釣り一色だ。

館内施設

食堂兼談話室

食堂スペースは、食後は談話室となり、釣り話に花が咲く。年季の入った柱の風合いが、小屋の雰囲気を盛り上げる。

乾燥室

ストーブと換気用の小窓も完備した乾燥室。沢遊びで濡れたウエアをしっかり乾かそう。

自炊室

自炊用のスペースには洗面台もあり。水道の水は黒部源流からひくので、そのまま飲用可。

小屋が少しずつ傾く?

小屋の傾きを示す手作りの表。ちょっと傾いている! 赤いラインまでいったら危険信号だとか。

屋外デッキ

目の前を流れる清流を見下ろす2階の屋外デッキ。ここで飲むビールがなにより美味い。

水が豊富

黒部源流の目の前で、とにかく水が豊富。玄関前ではビールがキンキンに冷やされていた。

食事

朝食

メザシ、切り干し大根、ベーコンエッグにデザートはリンゴ。朝食も夕食同様、たくさんの種類のおかずを少量ずつ組み合わせた献立。

夕食

この日の夕食のメインは豚の角煮。いろいろなおかずが少量ずつなので飽きずに食べられる。ソバが出るのは水が美味しい小屋ならでは。

お土産・売店

Tシャツはカラーバリエーションが豊富。筆で描いたようなタッチの手ぬぐいのデザインも渋くて味がある。「よしの友」「富美菊」など富山の日本酒も用意しているので、晩酌におすすめ。

部屋

部屋は個室かカイコ部屋で、どちらも畳敷き。近辺にテント場はない。近年、河原や登山道脇でテントを張る登山者や釣り人が報告されているが、指定地以外では絶対にテントを張らないこと。

洗面所・トイレ

水はとにかく美味いのひと言につきる。水道水は、そのまま飲むことも可能。トイレはおが屑を利用して熱攪拌処理を行なうエコなスタイルの方式を採用している。

「薬師沢小屋(やくしさわごや)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:あり
乾燥室:あり
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

7月1日〜10月上旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

60人

標高

1,920m

宿泊料金

1泊2食:¥9,700
素泊まり:¥5,500
お弁当:¥1,000

連絡先

076-482-1917
http://ltaro.com

※2018年2月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load