BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「聖平小屋」北アルプスの山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

縦走には充分な準備を

便ヶ島登山口から、日本アルプス最南の3000m峰として知られる聖岳を目指す登山道の途中、薊畑の分岐を山頂への道と別れて直進、その先の分岐を左へたどった所に建つ。東海フォレストの送迎バスが停車する聖岳登山口からは6時間余り。

小屋は樹林を背負って建つ。建物自体とその前に広がるテント場は大地の色が見えるが周囲は森。樹林への深入りは禁物と心得よう。聖平は比較的なだらかなコルで、正面のテント場は南アルプス南部エリアでは屈指の広さ。約50張は悠々と設営でき、譲り合えば倍近くの数が張れるかもしれない。利用料はひとり500円。小屋の周辺は高山植物の群生地としても知られている所で、受付後、周辺を散策してみるのも楽しい。

聖岳までは約2時間30分の道のりだが、痩せた尾根の通過もあって、注意が必要だ。アップダウンが激しく、岩場や急登も登場する赤石岳や荒川岳まで縦走するのには、相当な体力が求められる。

大きなテーブルを備えた食堂でゆっくり食事を味わいたい。

テント場は小屋の正面に広がる広い斜面に整備されている。伏流水を引き上げて活用した水場や屋根なしの自炊コーナーがある。50張、ひとり500円。

別棟のトイレも備えている。次の人のことを考えてきれいに使うのがマナー。

上下2段になった部屋。上段に寝る人は頭を打たないよう天井の高さに注意を。

「聖平小屋(ひじりだいらごや)」の基本情報

設備

テント場:あり
水場:あり
個室:なし
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

7月中旬〜9月中旬

電話・電波

ドコモ:通話不可
au:通話不可
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

140人

標高

2,300m

宿泊料金

1泊2食:8,500円
素泊まり:5,500円
お弁当:500円

連絡先

080-1560-6309
https://hijiridairagoya.wixsite.com/hijiri

アクセス

便ヶ島から6時間、聖岳(前聖岳)から2時間

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load