BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「青ヶ岳山荘」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

檜洞丸山頂のほど近く

丹沢山塊の北西にそびえる檜洞丸の標高は、丹沢エリアでは蛭ヶ岳に次ぎ、1600mを超える。西丹沢自然教室までバスが通じる現在は、比較的アクセスしやすくなったが、その昔は歩行時間も長く、丹沢の秘峰とされていた。

その頂上直下に建つ小屋は、西丹沢エリアの山中では唯一有人営業を続ける貴重な存在。塔ノ岳や蛭ヶ岳付近に比べて訪れる人も少なく、風情を楽しめると、通い続けるファンもいる。首都圏の登山ファンにいつかは泊まってみたいと思われる存在だ。宿泊は、原則として3日前までの予約制。無人の場合も多い。

檜洞丸の別称、青ヶ岳を名乗っていることもあって、青を基調とした建物は、山中では目立つ。「ランプの山小屋」として知られていたが、現在は太陽光発電を導入、電気も使われている。通年営業とはいえ、宿泊の予約がなければ、無人のことも多い。必ず予約して出かけよう。

手作りのテーブルが並ぶ館内。この窓の下が特等席だ。

建物入り口に付けられたベル。訪れた人が呼び鈴として使用するほか、霧が出たり悪天候の時などはこれを鳴らし、登山者に小屋の場所を教えてくれる存在でもある。

天気のいい日は必ず布団を干す。この鉄則を守っていることで、いつでも気持ちよく眠ることができる。

「青ヶ岳山荘(あおがたけさんそう)」の基本情報

設備

テント場:なし
水場:なし
個室:なし
自炊室:あり
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

通年(要予約)

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話困難な場合が多い
ソフトバンク:通話困難な場合が多い
公衆電話:なし

収容人数

25人

標高

1,600m

宿泊料金

1泊2食:8,000円
素泊まり:6,000円
お弁当:400円~

連絡先

090-5438-2574
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/aogatake/

アクセス

西丹沢自然教室から3時間30分、蛭ヶ岳から3時間30分

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load