BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「渋御殿湯」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

湧出の湯は足の疲れ解消に効く

茅野駅から渋の湯行の終点バス停前に建ち、天狗岳登山口に位置する温泉旅館。カモシカが姿を現すこともあるというほど手つかずの自然の中にある。本館、西館、東館が建ち並び、グループ向けの二間続きの部屋もある。

館主の趣味は天狗山への山登りというから山談議も弾みそう。天狗山に関する最新情報をはじめ花や動物について尋ねて、安全な登山をしたい。

自慢は温泉で武田信玄が傷病兵たちの湯治に利用したと伝えられている。現在は、夏山シーズンには前泊して一浴、下山してまた温泉で疲れをとる登山客が大勢いるという。浴場は2カ所。そのひとつ総檜造りの「東の湯」の男性用には渋長寿湯と渋御殿湯、上り湯の3つの浴槽があり湯温が微妙に異なる。なかでも渋長寿湯は源泉の上に浴槽があり、底からブクブクと湯が湧き出ている。足裏がほぐれ気持ちいい。もうひとつは「西の湯」。日帰り入浴はこの浴場に限り、10時~15時、800円。

バス停の終点渋の湯に建ち、「天下の霊泉」の看板を掲げる。

新館と本館に6畳一間や二間続きといった和室を備えている。冬はコタツを入れている。館内の水道の飲用できる水は宿泊者が自由に汲める。

「総檜造東の湯」の男性用には湯船の底から温泉の出ている風呂がある。風呂場では石鹸、シャンプー類は使えない。立ち寄り湯なら「西の湯」へ。

「渋御殿湯(しぶごてんゆ)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:あり
個室:あり
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:あり
生ビール:なし

営業期間

通年

電話・電波

ドコモ:良好
au:通話不可
ソフトバンク:良好
公衆電話:あり

収容人数

100人

標高

1,880m

宿泊料金

1泊2食:9,720円
素泊まり:6,480円
お弁当:500円

連絡先

0266-67-2733
http://www.gotenyu.com/

アクセス

渋の湯バス停下車。天狗岳から3時間15分。

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load