BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

「塩見小屋」日本山小屋完全ガイド

登山者にとって快適な山歩きを楽しむための心強い味方、山小屋。館内施設や食事、成り立ちや売店メニューなど、山小屋の膨大な情報を集約しているので、山行計画に役立つこと間違いなし!

変身後が待ち遠しい

南北に細長く山々が連なる南アルプスのほぼ中間にそびえている塩見岳山頂にほど近い、稜線上に建つ小屋。塩見岳までは2時間余りで往復できる距離だが、最も近い鳥倉登山口からでも約7時間もかかる。いかに山深い地に建っているかがわかろうというものだ。

当然のことながら、生活には不便なことも多い。最も切実なのは水で、往復1時間ほどかけて、水場から歩荷で担ぎ上げるほかはない。洗い物を減らすさまざまな工夫に加え、携帯型のトイレ方式を導入するなど、節水の取り組みは徹底している。

2015年シーズンはリニューアル工事のために休業中。最近の山小屋のトレンドは、いかに環境に配慮し、長い間共存していくために何をすべきか、あるいはすべきでないかを考えて実践すること。どのような姿に変身するのか楽しみだ。

館内施設

本館脇に2棟建つ三角屋根の別館。秘密基地のようだ。

小屋からは360度の絶景が望める。歩いてきた、あるいはこれから歩く仙塩尾根を望めば、連なるその長さにため息が。歩ききった充実感とこれから歩いていくぞという決意が交錯する。

本館の左側、売店やスタッフルームと同じ棟にある食堂は、交代制で利用する。時間を守ること。

塩見岳の山の端から昇る朝日は、思わず手を合わせてしまうような神々しさ。早起きしよう。

「塩見小屋(しおみごや)」の基本情報

設備

テン場:なし
水場:なし
個室:なし
自炊室:なし
乾燥室:なし
お風呂:なし
生ビール:なし

営業期間

7月上旬から10月中旬

電話・電波

ドコモ:不安定
au:不安定
ソフトバンク:通話不可
公衆電話:なし

収容人数

40人

標高

2,760m

宿泊料金

1泊2食:9,000円
素泊まり: 6,000円

連絡先

070-4231-3164
https://www.ina-city-kankou.co.jp/yamagoya/shiomi/

アクセス

鳥倉登山口から7時間、塩見岳から1時間。

※2015年3月現在の情報です。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load