BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道〜その3〜

西日本の山のなかで、もっとも奥深く、歩き甲斐があるロングコースはどこになるのか? そのひとつの答えが、大峯奥駈道。奈良県を中心とする大峰山脈につけられた歴史ある古道だ。今回は、百名山あり、女人禁制の区間ありの、この山域の最重要区間を2泊3日で歩いた。

文◉高橋庄太郎 Text by Shotaro Takahashi
写真◉矢島慎一 Photo by Shinichi Yajima
取材期間◉2016年5月19日~21日
出典◉PEAKS 2017年5月号 No.90 

>>その1、その2はこちらから

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その1〜

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その1〜

2021年05月18日


大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その2〜

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その2〜

2021年05月19日

山と宗教、人間と文化が交わる日本らしい道のり。

「大峰山」の最高峰が八経ヶ岳であっても、信仰の舞台としての奥駈道の神髄は、山上ヶ岳にあるといって間違いないだろう。

小笹ノ宿という場所に到着。ここには避難小屋があり、テント泊も可能。

門の内側に入った途端、僕はビックリした。驚くほど倒木が増え、登山道のようすが激変したのだ。

夜メシはベーコンとナスのパスタ。

なんだ、これは!?
女人禁制の場所だからといって、自然の風景がこれほど変わってしまうのは、どうしてだろう?
僕なりに考えてみた。

女人禁制ゆえに男しか泊まれないテント場。なんだか妙な気分だ。

登山道は踏み跡が薄く、地面も柔らかく感じる。これは女性が立ち入れない場所であるため、必然的に登山者の数が少なくなり、さほど地面が踏まれていない結果であるに違いない。

夕暮れとともに、この日は就寝した。

倒木の数があまりにも多いのは、神域ゆえにできるだけ手を加えず、自然に朽ちるままに放置しているからとも思える。

靡のひとつである小笹ノ宿にも、古い碑や像が多い。

だが、それ以前に、門の内側はもともと倒木が起きやすい土壌や地質なのではないか。

とうとう到着した山上ヶ岳。まさにここが「大峰山」だ。お花畑の季節には少し早いが、うれしさはひとしお。

古の宗教家は稜線上のそんな自然の差異を敏感にとらえ、そこに女人結界門を設定した気がする。

山上ヶ岳の山頂は笹で覆われ、気持ちがよい。

門がそこにあるから内外の自然に差異があるのではなく、元の自然に差異があったからこそ、そこに門を作ったのではないだろうか。

お土産に買ったお守り。錫杖とほら貝がモチーフだ。

そんな門の内側にある小笹ノ宿避難小屋の近くにテントを張り、2泊目を迎える。明日はとうとう山上ヶ岳と大峯山寺だ。

平安時代からの歴史を持つ大峯山寺。宿坊に宿泊もできる。

朝早い大峯山寺はひっそりとしていた。山上ヶ岳も同様で、僕以外の登山者はいない。近くの宿坊や小屋に泊まっていない限り、日帰り往復でここを目指す多くの人の到着は、少々遅めになるようだ。

鐘掛岩によじ登る。もっとラクなルートもあるが、こんなクサリ場のほうが修験道の気分が出る。

山上ヶ岳はそこにいるだけで風格を感じさせる山だった。
百名山としての「大峰山」にふさわしい山頂は、やはり山上ヶ岳だ。
八経ヶ岳もすばらしいが、歴史と文化では山上ヶ岳には敵わない。

山上ヶ岳と洞川の間には多くの白装束の信仰者が行き交っている。

白装束の男たちが次々に参道を登ってきた。地元の人もいれば、遠くからやってきた人もいるようだ。

再び女人結界門を通り抜け、清浄大橋に到着。大峯奥駈道を体感した山旅だった。

僕もいつか宿坊に泊まりながら、白装束で奥駈道を歩くことがあるかもしれない。だがその前に、まずは全区間を踏破しないとなあ。

「西の覗」から谷間を……。シャレにならない怖さだ。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load