BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 ルートガイド

奈良の吉野山から紀伊の熊野三山を結び、世界文化遺産にも登録されている大峯奥駈道。全長170㎞にもなる険しい道のなかで、今回はその中心となる八経ヶ岳と山上ヶ岳をメインに。

文◉高橋庄太郎 Text by Shotaro Takahashi
写真◉矢島慎一 Photo by Shinichi Yajima
取材期間◉2016年5月19日~21日
出典◉PEAKS 2017年5月号 No.90

>>ルポはこちらから

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その1〜

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その1〜

2021年05月18日


大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その2〜

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道 〜その2〜

2021年05月19日


大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道〜その3〜

大峰山脈・大峯奥駈道|百名山の八経ヶ岳、女人禁制の山上ヶ岳を連ねる信仰の道〜その3〜

2021年05月20日

行者還トンネル西口~八経ヶ岳~大普賢岳~山上ヶ岳~清浄大橋

吉野山と熊野三山を結ぶ大峯奥駈道は、全長約170㎞。一気に踏破するのもおもしろいが、少々骨が折れる。そこで、大峯奥駈道の中央北部に当たる稜線上の1/4ほどの距離に設定したのが、この八経ヶ岳~山上ヶ岳を中心とした今回のルートだ。

このなかで山上ヶ岳付近は女人禁制となり、残念ながら女性は立ち入ることができない。八経ヶ岳方面から北上してきたら、女人結界門がある阿弥陀ヶ森分岐で東側の登山道に入り、神之谷へと下山するか、その途中の大普賢岳で同じように東側に向かい、和佐又口へ下山してほしい。

データ

本当の奥駈道はもっと長いぞ!
  • 総距離:29㎞
  • 歩行時間:18時間30分
  • 1日目:行者還トンネル西口~八経ヶ岳(往復)~行者還避難小屋(テント泊)
  • 2日目:行者還避難小屋~行者還岳~大普賢岳~小笹ノ宿避難小屋(テント泊)
  • 3日目:小笹ノ宿避難小屋~大峯山寺~山上ヶ岳~清浄大橋

アクセス

このコースはアクセスに公共交通機関が使えない。行者還トンネルの登山口と清浄大橋の下山口には、拠点となる奈良県の天河村からタクシーを利用するのが一般的だ。マイカーの場合は、出発時にどちらかの駐車場にクルマを停めておき、やはりタクシーで回収する。

マップ

①行者還トンネル脇の駐車場からスタート。ここで登山届も提出できる。

②一般的な山小屋として利用できる弥山小屋。テント場も併設している。

③八経ヶ岳山頂付近から眺める弥山。その奥にはこれから歩く山々の姿も。

④トイレも併設している行者還避難小屋は快適。その脇でテント泊も可能。

⑤行者還岳の山頂。登山道から外れた場所にあるが、ぜひ登っておこう。

⑥阿弥陀ヶ森分岐の手前。ここから少し歩いた場所に、女人結界門がある。

⑦テント場がある小笹ノ宿避難小屋。水は流水を利用し、トイレはない。

⑧山上ヶ岳から少し足を延ばせば、切り立った岩場も。景色がすばらしい。

⑨大峯山寺の周囲には宿坊が多く、石段や石畳でつながっている。

⑩見どころのひとつ、西の覗。手すりもない岩場は細心の注意が必要だ。

⑪大峯山寺と清浄大橋のあいだには、茶屋が数カ所。休憩に適している。

⑫山を下っていくと、「お助け水」という水場。この水はなかなかうまい。

アドバイス

この山域の登山道は広い尾根上に作られたものが多く、勾配が比較的少なくて歩きやすい。だが道迷いを起こしやすくもあり、毎年のように遭難事故が発生している。獣道などに迷い込まないように、地図とコンパスを念入りに確認したい。岩場での行動にも注意しよう。

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load