BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

【KEEN】高いクッション性と軽快に山を歩くための独自テクノロジーを搭載。「ネクシス」コレクションに注目

厚底ソールに幅広のトゥボックス構造。その履き心地の良さに定評のあるキーンの定番トレイルシューズになじみがあればあるほど、今年の新作「ネクシス」コレクションの内なる魅力が見えてくる。さっそくその本質に迫っていこう。

ネクシスを紐解く鍵は、遠く・長く・快適に

米国発のアウトドア・フットウェアブランド・キーンを代表するプロダクトに、「ターギー」というトレイルシューズがある。幅広い足型を使用し、前足部にゆとりのあるトゥボックス構造を搭載したフットウェアは、第2世代の「ターギーⅡ」で爆発的な人気を博し、現在は第三世代にあたる「ターギーⅢ」も定番だ。

登頂をめざすような垂直方向への足運びを得意とするターギーⅡからⅢへの派生の過程では、全方向への動きに対応するアウトソールパターンが導入された。では、本題の「ネクシス」はどうかというと、こちらもターギーの設計思想をベースにしつつ「遠く、長く、どこまでも快適に歩き続ける」というコンセプトが組み込まれている。つまり、水平方向の移動を得意とし、なだらかなロングトレイルなどを快適に歩き続けることを目的に開発されたのが、新コレクション「ネクシス」である。

ネクシス エヴォ ミッド ウォータープルーフ

防水機能を搭載するミッドカットタイプ。ゲイターを使えばレインパンツを伝う雨水の浸入を防げるので、雨天の可能性が考えられる泊まりがけのトレッキングに最適。

  • ¥19,800
  • サイズ:25.0 ~ 28.0、29.0cm
  • カラー:ブラック/
  • イブニングプリムローズ、他2色
  • 重量:418g(片足27cm)

詳しくはこちら!

ネクシス エヴォ ウォータープルーフ

防水透湿性メンブレンを内蔵した全天候型モデル。水辺や沢筋を歩くコースなど、濡れる心配がある状況で真価を発揮。ウェットなコンディションでも快適な歩行を提供する。

  • ¥18,700
  • サイズ:25.0 ~ 28.0、29.0cm
  • カラー:ブラック/キーンイエロー、他2色
  • 重量:381g(片足27cm)

詳しくはこちら!

ネクシス スピード ミッド

非防水モデルのミッドカットタイプ。足首回りをサポートするほか、履き口から砂や石などが入りづらいという強みもある。山道をメインに歩くならこちらもおすすめ。

  • ¥16,500
  • サイズ:25.0 ~ 28.0、29.0cm
  • カラー:キャンティーン/オリーブドゥラブ、ブラック/マグネット
  • 重量:341g(片足27.0cm)

詳しくはこちら!

ネクシス スピード

ネクシスシリーズの最軽量モデル。防水機能は備わらないが、ソールユニットの性能は変わらず、もっとも軽快な歩行を楽しめる。長めのウォーキングから日帰りハイクに◎

  • ¥15,400
  • サイズ:25.0 ~ 28.0、29.0cm
  • カラー:キャンティーン/ブリンドル、他3色
  • 重量:324g(片足27.0cm)

詳しくはこちら!

“快適に”という答えのない性能を手に入れるために、ネクシスが導き出したアプローチは“フィット感とクッション性の両立”、そして“軽量化”だ。まず、フィット感ではシューレースと連動して足首回りのブレを抑止するコネクトフィットを採用し、ミッドカットモデルにはアキレス腱を保護してフィット感を高めるパッドを内側に配置。足裏で受ける衝撃を和らげるEVA素材の厚底ミッドソールで高いクッション性を備え、アウトソールに配置した高さ4㎜のブロックパターンは、路面状況に応じて的確なトラクションとブレーキングを発揮する。アッパーにはメッシュ素材を採用し、ハトメのないスピードレーシングシステムを用いるなど、機能を向上しながらも重量増につながる仕様を最小限に留め、軽量化を実現した。

「ネクシス」は、舗装路から山道まで、どんなトレイルにも順応し、歩く楽しさを教えてくれる。そのポテンシャルは推し測れない。

ネクシスのポイント

■グリップ力の要となるオリジナルのブロックパターン

歩行時に加わる力の向きを考慮して、U字のブロックパターンを中足部を境に前後逆に配置。もっとも摩擦が加わるつま先とかかと部分には接地面積の広い形状を採用している。

■足首回りのブレを抑えるコネクトフィット

くるぶしの下側に配置したV字のプレートが靴紐と連動して足首とかかとをホールド。フィット感を高めるとともに、着地したとき足首のブレを抑えて疲労の軽減にもつながる。

■衝撃を和らげる厚底EVAミッドソール

着地時に地面からの衝撃を軽減するソールシステムに、EVA素材の厚底ミッドソールを採用。優れたクッション性が、かかと、足首、膝や腰まで伝わる負担を和らげる。

■アキレス腱を守りフィット感を高めるヒールパッド

ミッドカットモデルにはアキレス腱部分のシューズ内側にクッション性に優れたパッドを配置。アキレス腱を保護しつつ、足首回りのフィット感を向上させる仕様だ。

ウィメンズモデルもあるよ!

■ネクシス エヴォ ウォータープルーフ ミッド

  • ¥19,800
  • サイズ:22.5 〜 25.5㎝
  • カラー:ヴェイパー/ポーセリン、他2色
  • 重量:332g(片足24㎝)

詳しくはこちら!


■ネクシス エヴォ ウォータープルーフ

  • ¥18,700
  • サイズ:22.5 〜 22.5㎝
  • カラー:ポーセリン/イブニングプリムローズ、他2色
  • 重量:307g(片足24㎝)

詳しくはこちら!

■ネクシス スピード

  • ¥15,400
  • サイズ:22.5 〜 25.5㎝
  • カラー:ブラック/ブルーグラス、他1色
  • 重量:251g(片足24㎝)

詳しくはこちら!

地球環境に配慮したモノ作りを徹底

アッパーのメッシュ素材はリサイクル原料から作られており、撥水加工には、人体に対して発がん性をもつ疑いのある過フッ素化合物を使わないPFCフリーの方法を採用。使われている圧着技術は接着剤の削減にもつながっている。また、防臭加工では天然素材を主成分とし、殺生物剤は使われていない。環境に配慮したモノ作りはネクシスのみならず、キーンがラインナップする全製品に対して積極的に取り入れられている。

KEENトレイルシューズの歴史

KEENの創業は2003年。厚底ソールとつま先を保護するトゥ・プロテクションを備えた水陸両用のハイブリッドサンダル「ニューポート」とともにスタートした。翌年山向きのアウトソールを備えたサンダル「タオス」を発表。それに改良を加えたトレイルシューズが「ターギー」コレクションだ。それから’08年に「ターギーⅡ」、’19年に「ターギーⅢ」が誕生し、いまに至る。

「ターギーⅡ」は米国誌バックパッカーマガジンで“BEST BUY”を獲得。幅広でゆとりある前足部の履き心地が評価された。

 

企画協力◉キーン・ジャパン
TEL.03-6416-4808
https://www.keenfootwear.com/ja-jp/collections_nxis_all/

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load