BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

基本はしっかり乾かす!スリーピングギアのお手入れ方法|山道具メンテナンス

登山用品のリペアサービスに力を入れる山梨県甲府市にあるアウトドアショップ・エルク。同店店長の中込さんにテントとスリーピングギアについて撤収時や自宅に帰ってからの取り扱いなどで気をつけたいポイントを聞いた。

文◉村石太郎
イラスト◉マイコペリー

寝袋の場合

内部のホコリまで取って乾燥させる

寝ている間に寝袋が含んでしまった湿気をとるのは、山のなかではなかなか大変なことだ。夏山の縦走などで天気がよくて、早朝に出発をしないのであれば、テントの上に乗せ、日に当てて乾かすといい。早めにキャンプ指定地に到着できたときも同様の乾かし方ができる。あとはベースキャンプで何泊かするような行程であれば、木と木の間に細引きなどを張って干してもいいだろう。自宅に帰ってからも、しっかりと干して乾かす。中込さんは日に当ててしっかり乾かすほうが好みだそうだが、紫外線による劣化などを考えると、生地を長持ちさせるためには日陰に干したほうがいいと話す。あとは寝袋を裏返し、中に入ってしまったホコリや汚れなども取り除くようにしよう。

テントの場合

砂や葉っぱなどを取り除いてよく乾かす

テントは撤収する前にしっかりと乾かすのが理想。早朝の出発だったり、雨天の場合だったりすると難しいが、テントが湿ったままの状況はできるかぎり避けたいところだ。夏の山行で天気が良く、時間に余裕のあるときは、撤収前に装備をテントから出して、中に入ってしまった砂や葉っぱなどを取り除き、フロア側の生地もできるだけ乾かして出発するといい。加えて、テントポールを真ん中から折りたたむようにすると、ショックコードのテンションが均一に保たれるので長持ちするようになる。端のほうから折りたたむと、テンションが強いところができてしまって、ショックコードの伸びの原因になるので気をつけたい。自宅に帰ってからは、庭に設営して天日干しをするのもいい。設営するのが難しければ、ベランダから吊して干すだけでも効果的だ。湿った状態が続くと、生地のコーティングやシームテープ剥がれの原因となる。

マットの場合

自動膨張式やエアタイプは内部までケア

エアマットと自動膨張式のマットも、汚れを落としてよく乾燥させる。息を吹き入れてマットを膨らませてしまいがちだが、長持ちさせるなら専用のポンプを使うと内側に湿気が入らないので劣化を防げる。自宅に帰ってからも、一度少し空気を入れて数時間乾かすとよりよいだろう。ちなみにエルクで受ける修理依頼で一番多いのはマット関係だという。その多くは穴が空いてしまったというもの。鋭利なもので穴を開けてしまったり、バーナーの熱で溶かしたりしないように気をつけよう。小さな穴であれば付属のリペアパッチを貼るだけで修理できるが、大きく裂けてしまったり溶かしてしまったりすると本格的なリペアが必要になる。クローズドセルのマットであれば、泥汚れなどがついたら拭く程度で、とくにメンテナンスに気を使うところはない。

保管方法

直射日光を避けた風通しのよい場所で

テントやマットは、スタッフサックに入れたままの収納で問題はない。なるべく日が当たらず風通しのいい場所に保管するようにしよう。寝袋だけはスタッフサックに押し込むのではなく、大きめのメッシュバッグ(付属される場合が多い)などに入れ、ダウンや中綿を圧縮しないように保管する。そのほうが保温性が保たれるのだ。

教えてくれた人

アウトドアショップ エルク
中込真太郎さん

クライミングからキャンプまでカバーする登山用品店、エルクの店長。幼いころから地元の山で登山やクライミングなどに親しみ、最近は愛娘とのキャンプが一番の楽しみ。

※この記事はPEAKS[2022年4月号 No.149]からの転載であり、記載の内容は誌面掲載時のままとなっております。

Info

出典

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load