BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

「起源」という名の唯一無二のシューズ|サロモン・ジェネシス誕生【後編】

ウルトラトレイルの世界で活躍するトップアスリート、ライアン・サンデスと開発を行ない、技術や素材を惜しみなく投入して作られたサロモンの新作シューズ「ジェネシス」。

「起源」という名前のこのシューズは、レースで勝つためではなく、山のどんなフィールド、サーフェスでも快適に駆けることができるように作られており、これまでのシューズとはひと味もふた味も違った仕上がりになっている。

後編となる今回は、愛知・名古屋のアウトドアショップ「アウトドアスペシャリティ ムース」の代表であり、シューズの目利きでもある石田啓介さんのインプレションを通じて、シューズの実像を解き明かしていく。

前編はこちらから

「起源」という名の唯一無二のシューズ|サロモン・ジェネシス誕生【前編】

「起源」という名の唯一無二のシューズ|サロモン・ジェネシス誕生【前編】

SPONSORED

愛知・名古屋のアウトドアショップ「アウトドアスペシャリティ ムース」代表の石田啓介さん。ファストパッキング、トレイルラン、テレマークスキーなど、1年通じてさまざまなスタイルで山へ入る。ウエアやギア全般、とくにシューズに精通

しなやかさが感じられるマトリックスアッパー

ジェネシスのテストのために向かったのは、名古屋から車で約1時間、石田さんのホームマウンテンである鈴鹿の竜ヶ岳。歩き慣れた場所だけに、普段使っているシューズとのフィーリングが比較しやすく、さらに稜線まで車で上がって来られるのですぐに展望も開ける。

テスト早々、石田さんがまず感じたのはアッパーのしなやかさ。

「アッパーの硬さがないので、歩いても屈曲点への嫌な当たりや前足部分の圧迫感がないですね。耐久性が高いのに軽量かつしなやかなマトリックスアッパーの良さが感じられます。長時間履いても足へのストレスが少なさそうです。マトリックスアッパーは藪や岩などのダメージにも強いので、オフトレイルでも安心感があり、さまざまなフィールドへ気兼ねなく入れそうですね」

フィッティングにも独自性が感じられると石田さん。

「レースに最適化されたS/LABのウルトラなどに比べると少しだけゆとりがあるように感じられます。でもルーズな印象はなく、フィット感に定評のあるS/LABシリーズのシューズらしく中足骨をしっかりホールドしてくれるんです。あまりタイトなシューズは履きたくないけれど、適度にフィットするシューズを履きたいと思う、一般的なハイカーに向いている作りだと思います」

意外と安定性があり、しっかりと衝撃を吸収するミッドソール

ジェネシスには、衝撃吸収性と反発力を生むエナジーサージがミッドソールに採用されている。比較的厚みのあるミッドソールだが、石田さんはどのような印象を抱いたのだろうか。

「厚みのあるミッドソールですが、フワフワした感覚はなく、身体をしっかりと支えてくれ安定性が感じられますね。オーバーナイトの装備を背負ったファストパッキングや、長距離のランニングであれば、適度な硬さがあり、衝撃をしっかり吸収してくれるこのようなミッドソールが安心です」

「歩いても、走っても、エナジーソールからは反発力が感じられますね。これは推進力につながるので、疲れた身体をサポートするように前へ前へと進めてくれそうです」

さまざまなサーフェスに対応するアウトソール

ジェネシスの大きなポイントのひとつが、2種類のアウトソールの使い分け。前足部内側には岩場に強い少し粘りがあるソール、前足部外側からカカトにかけてはぬかるみでもグリップしやすいラグが広めの間隔に配されたソフトなソールが使用されている。

ブロックパターンも前足部は内側と外側で異なっており、内側はストップ重視、外側は推進力を止めないスタビリティ重視のパターンとなっている。個性の強いアウトソールの構造だが、実際にはどう感じられたのだろうか。

「前足内側の岩場に強い『ウェットロックソール』は、実際に岩の上でもフリクションが非常に良く利きますね。トレッキングシューズのクライミングゾーンのような役割を果たしてくれるので、水平移動だけでなく、岩場を登るような動きでも安心です」

「土の上など、水平方向に推進する際も違和感がありません。ふたつのアウトソールが組み合わさることで、山岳エリアでの土と岩がミックスされたサーフェスに対して高い万能性を発揮してくれると思います。ここは他のサロモンのS/LABのシューズと一線を画す、非常に特徴的な部分ですね」

耐久性とクッション性の高さに反する圧倒的軽さ

実際に試してみて、細かなディテールの恩恵も感じられたそう。

「履き口のゲイターは伸縮性が高く、着脱も非常にスムーズですね。あと、カカト内側の抜け防止のためのクッションは、カカトのホールド感も高めてくれます。これだけの機能を備え、耐久性とクッション性も高いシューズでありながら、手にした時に感じる軽さは驚異的です。この軽量性は履くとより一層感じられますね。長距離、長時間にわたるハードなアクティビティーの心強い相棒となってくれるはずです」

重量はトレランシューズの中でも軽量な部類に入る258g(27cm/片足)。剛性感がある見た目と反する軽快さもジェネシスの大きな魅力だ。

アドベンチャー要素の強い山行の心強い相棒

最後に、どんなシーン、山行スタイルに向いていると感じたか、石田さんに教えてもらった。

「トレイルランニングであれば、岩場やテクニカルな地形が多い山岳エリアに向いていると思います。個人的にはファストパッキングやロングハイクでも相性が良いと感じました。長距離を移動するなかで現れるさまざまなサーフェスに対応してくれるシューズなので、万能性の高いシューズを求めている方におすすめです。

これまでのS/LABシリーズは、サロモンの最新素材と最新技術を搭載したレーシングシューズという印象が強かったのですが、ジェネシスに対してはもっとスケールの大きさを感じました。

スピードを求められるレースシーンではなく、よりアドベンチャー的な要素が求めらるシーンでこそ高い性能を発揮してくれるシューズです。レーシングシューズの印象でS/LABシリーズを敬遠していた方にも、ぜひ一度履いてもらいたいですね」

まさにS/LABの新たなる「起源」といえる、ジェネシスの誕生。唯一無二なこのシューズは、想像以上に懐が深く、多くのランナーやハイカーの挑戦を支えてくれることだろう。

S/LAB ジェネシス

  • 価格:¥30,800
  • サイズ:22.5~32.0cm
  • ドロップ:8mm
  • 重量:258g(27cm/片足)

ジェネシスはこちらでチェック

※S/LAB製品は取り扱いが一部のショップに限られます。ジェネシスは以下のショップで取り扱い予定です(10月より順次発売中)。

アウトドアスペシャリティ ムース

1982年創業、愛知県を代表するアウトドアショップ。登山、トレイルラン、バックカントリースキー&スノーボードなどさまざまなアクティビティのギアやウエアが揃う。こだわってメーカーへ別注したアイテムも必見だ。店頭では石田さんをはじめ山好きなスタッフが、商品や遊びのことをていねいにアドバイスしてくれる。

愛知県名古屋市天白区元植田2-1904
TEL.052-848-2780
営業時間:平日12:00 ~ 21:00、土日祝11:00 ~ 20:00
定休日:火曜日、水曜日(祝日の場合は営業)
www.moose.co.jp

企画協力◉アメアスポーツジャパン/サロモン コールセンター
TEL.03-6631-0837(10:30~17:00、土日祝日は休業)
www.salomon.com

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load