BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

雪上で4社履き比べはレア! スノーシュー最新モデルキャンペーン@なべくら高原

日本の豪雪地帯で知られるエリアに降り積もる雪は、その雪の深さから直接歩くことはなかなか難しい。
けれど、スノーシューをひとたび装着すれば雪に接する面積の広さから浮力が得られ、積雪量の多い雪山でも沈み込むことなく快適に歩けるようになります。夏は濃いヤブに覆い隠される山も、雪が積もれば登山道やトレイルに関係なく自由に周囲を歩くことができ、そこに暮らす動物たちと同じように行動範囲を広げられるのが魅力です。

そんな雪のフィールドで遊ぶのに欠かせないスノーシューは、店舗で触れてみてもいまひとつ使い心地が分からないというのが難点。しかも決して安価な買い物ではないので、購入するならできればいろいろと使い比べて決めたいというのがユーザーの本心でしょう。

2月4日(土)〜19日(日)のあいだ、長野県飯山市の最北部にあるなべくら高原「なべくら高原・森の家」で、国内各メーカーからリリースされている4社のスノーシューの最新モデルを集め、レンタル試乗できる「スノーシュースペシャルウィーク」を開催! 雪原散策向きのハイキングモデルから、バックカントリースノーボード等で使用するような山岳用、さらにはランニング用までラインナップが豊富に揃い、実際に手に取って履き試すことができる数少ないチャンスですよ。

また、平均積雪量が4mと日本でも有数の豪雪地であるなべくらの雪を使って、期間中は試乗用コースを利用したガイド付きスノーシューツアーも催行。静寂な森歩きを楽しむ「ブナコース」と、見渡す限りの雪原と眺望が自慢の「大雪原コース」です。

世界がうらやむ日本のパウダースノーを足元に、ぜひ「なべくら高原・森の家」を訪ねてみてはいかがでしょうか。

なお、イベント期間中に「#スノーシュースペシャルウィーク」と、試乗したスノーシューのブランドページをタグ付けして、SNS(instagramまたはFacebook)へ投稿した人のなかから、抽選で「森の家」より景品をプレゼント。コテージ無料宿泊券が当たるかも!?

 

【スノーシュースペシャルウィーク2023】

開催日:2月4日(土)〜2月19日(日) ※7日(火)、14日(火)は休館日のためお休み
時間:受付時間 9:00〜15:00(返却は16:30まで)
料金:500円(税込み)/1名
対象:小学校高学年以上。それ以下の年齢層は森の家のスノーシューレンタルをご利用可能
申し込み方法:当日先着順 ※事前予約はなし
雨天時:天候に関わりなくレンタル可能
その他:
・レンタル制限時間は3時間まで。別のスノーシューに1回交換可能
・2回以上の交換の場合は、再度受付け
・台数に限りがあり、希望に沿えない場合もある
・受付時、身分証明書のコピーを森の家が取る
・各種割引との併用は不可
・返却は16:30まで

「スノーシュースペシャルウィーク2023」詳細はこちら

 

【期間中ガイド付き有料ツアーも開催!】

イベント期間中の金・土・日はガイド付きツアーも同時開催。各ツアー5000円(ツアー代金にスノーシューレンタル料金も含まれる)

2月4日(土)・17日(金)豪雪ダウンヒルツアー
2月5日(日)絶景の872ピークを目指すツアー
2月10日(金)美しい三郷尾根を辿るツアー
2月11日(土)羽広山ブナ美林ツアー
2月12日(日)鍋倉山の頂を目指してツアー
2月18日(土)信越トレイル 牧峠ツアー
2月19日(日)高原の池・地図読みツアー

Info

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load