BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • FUNQ NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • HATSUDO
  • Kyoto in Tokyo

STORE

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

【サロモン】ハイテクな作り×クラシカルな雰囲気が際立つ、サロモンの新作モデル。

山のさまざまなシーンにマッチするように、多数のラインナップを揃えるサロモンのハイクシューズ。そのなかでも従来からのモデルの味付けを変え、新たに登場したふたつのモデルに注目。どちらも高い機能性に堅牢性がプラスされた、使い勝手のいいシューズに仕上がっている。

レザーをまとった現在形ハイクシューズ

トレランシューズからハイクシューズまで、さまざまなモデルを展開しているサロモン。ハイク系のなかでもいくつかシリーズがあり、とくに特長がはっきりしているのが比較的ガッチリと歩く登山向きのクエストと、水平方向のライトハイクに向くXシリーズ。今季、この両シリーズのニューモデルが登場した。

クエストシリーズの新作は「クエストローブGTX」。親モデルである「クエスト4GTX」譲りの安定性が高いモデルだが、よりソフトな履き心地にチューニングされており、長時間歩いても疲れにくい。また、アッパーにはレザーが使用されていて足への当たりはマイルド。レザーならではの高い堅牢性も備えている。

Xシリーズの新作は「X ワードレザーミッドGTX」。Xウルトラの派生モデルで、モデル名の通りアッパーの補強部分がレザーになっているのが大きなポイント。こちらもレザーならではのしなやかさと丈夫さを兼ね備えている。

マッチするシーンはそれぞれ違うが、両モデルともに安定性を高めるためのサロモン独自の補強が施されている。これが疲労を軽減し、ケガを抑制してくれるのだ。

これまでに培ったサロモンらしいハイテクに、質実剛健なレザーをプラスすることで、クラシカルな雰囲気も醸し出されている。これぞ、ハイクシューズの現在形。

【QUESTROVE GTX】小屋泊などのロングハイクに

安定性が高く、軽めの装備であればテント泊まで対応。ソールが固くはないので岩稜が続くルート向きではないが、岩場を含んだロングルートでも快適に歩ける。

サロモン / クエスト ローブ GTX 

本格登山向きのクエストシリーズで一番ライトなモデル。レザーのアッパーが足によくなじみ、長時間歩いても疲れにくい。男女ともブラックのほか、石井スポーツ限定カラーも展開中。

  • ¥22,000
  • サイズ:メンズ25.0~28.5cm、ウィメンズ22.0~25.0cm
  • カラー:メンズ全1色、ウィメンズ全1色
  • 重量:メンズ500g(27.0cm/片足)、ウィメンズ450g(24.0cm/片足)

▲こんなシーンに。

▲足の内側と外側への安定性を高める補強
ソール面から側面にかけて、足の中央の内側と外側に補強を追加。着地時に必要以上に足がねじれないようにサポートしてくれる。

▲足の動きを妨げない履き口後部のつくり
ハイカットに近いミッドカットで履き口の後ろ部分は低めにカットされている。着地時など足の後ろ方向への動きを妨げない。

▲粘りのあるコンパウンドで岩場にも比較的強い
路面との密着性が高くなる「マッドコンタグリップ」を採用。ラグの接地面が広めになっており、岩場などでも滑りにくい。

親モデルはコレ「クエスト4 GTX」

クエスト4 GTXサロモンのハイクシューズで一番安定性が高く、テント泊にも対応。一般的な登山靴よりも履き心地がソフトでフットワーク軽く動ける。

  • ¥31,900

 

 

【X WARD LEATHERMID GTX】日帰りや小屋泊のライトなハイクに

X ワード レザー ミッド GTX 

Xシリーズのボトムユニットとシャーシを搭載し、アッパーを部分的にレザーで補強。安心感のあるミッドカットなので軽量シューズにチャレンジしたいハイカット派にもおすすめ。

  • ¥19,800
  • サイズ:メンズ25.0~28.5cm(ブラックのみ29.0、30.0、31.0cmあり)、ウィメンズ22.0~25.0cm
  • カラー:メンズ全2色、ウィメンズ全2色
  • 重量:メンズ385g(27.0cm/片足)、ウィメンズ375g(24.0cm/片足)

▲こんなシーンに

▲フィット感を高めるセンシフィット
アッパーの中央両サイドに施されたレザーの補強により、シューレースを結ぶと足が均一に包まれ、フィット感がアップする。

▲安定性を生み出すシャーシ構造
足の後部を中心に必要以上のねじれを抑制するシャーシを搭載。これにより屈曲性は妨げずに歩行時の安定性を高めてくれる。

▲ぬかるみに強いブロックパターン
「クエスト ローブ GTX」と同様に粘りのある「マッドコンタグリップ」を採用。こちらはラグの間隔が少し広めでぬかるみに強い。

親モデルはコレ「Xウルトラ パイオニア ミッドGTX」

定番のXシリーズの流れを汲むライトな山行向きのハイクシューズ。適度なプロテクションがありつつも軽いのが魅力で、汎用性が高い。

  • ¥19,800

 

 

企画協力◉アメア スポーツ ジャパン
TEL :03-6631-0837(サロモンコールセンター)
https://www.salomon.com/

SHARE

PROFILE

PEAKS 編集部

PEAKS 編集部

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

装備を揃え、知識を貪り、実体験し、自分を高める。山にハマる若者や、熟年層に注目のギアやウエアも取り上げ、山との出会いによろこびを感じてもらうためのメディア。

PEAKS 編集部の記事一覧

No more pages to load