BRAND

  • Lightning
  • 2nd(セカンド)
  • CLUTCH Magazine
  • EVEN
  • BiCYCLE CLUB
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • RIDERS CLUB
  • CLUB HARLEY
  • DUCATI Magazine
  • flick!
  • じゆけんTV
  • 湘南スタイルmagazine
  • ハワイスタイル
  • buono
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • Kyoto in Tokyo

かんたん山ごはん #38 焼き鮭で作る「白菜としょうがのさっぱり鮭鍋」

山頂でのあったか〜い汁ものは、至福の極み♡今回は、焼き鮭を使ったミルフィーユ鍋を作ります。鮭の塩味と旨味が白菜に移り、両方のスープが溶け出し、抜群のおいしさですよ!

今回使うのはこれ!

鮭のピンク色は、抗酸化作用をもつアスタキサンチンによるもの。抗酸化作用のあるアンチエイジングフードとしてもよく知られ、美肌成分のほか、シミ予防に効果的な栄養素。日差しの強い山へ出かける時にも◎。女性にうれしい食材です。

「白菜としょうがのさっぱり鮭鍋」

材料(1人分)
鮭の塩焼き(レトルトタイプ)…1個
白菜…300g
水…350m
しょうが(千切り)…1/2個分
ポン酢しょうゆ…大さじ2
和風だし粉末…5g

●おうちで
1.白菜は食べやすい大きさに切り、コッヘルに敷き詰める。

▲山で
1.水を注いで和風だしをふりかけ、鮭を粗くほぐしながら、白菜と白菜の隙間に詰める。

2.中火で煮て、白菜がくたっとしたらしょうがをのせ、ポン酢しょうゆをかける。

★Point
白菜は自宅でカットし、コッヘルに詰めてから丸ごと保冷バッグへ。無駄なゴミも出なくなり、すぐ火にかけられるので調理短縮にも!

できあがり!

前回、ご紹介した「鮭のパングラタン」(写真右)と合わせて、焼き鮭で作る山ごはんにぜひチャレンジしてみてくださいね。

※本コーナーで紹介しているレシピは、「ランドネ」2019年3月号(No.104)P81で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

写真◎猪俣慎吾(KIPPIS)
文◎長嶺李砂
料理◎カノウヒナタ(KIPPIS)

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load