BRAND

  • FUNQ
  • ランドネ
  • PEAKS
  • フィールドライフ
  • SALT WORLD
  • EVEN
  • Bicycle Club
  • RUNNING style
  • NALU
  • BLADES(ブレード)
  • flick!
  • じゆけんTV
  • buono
  • eBikeLife
  • Kyoto in Tokyo

MEMBER

  • EVEN BOX
  • PEAKS BOX
  • Mt.ランドネ

親子アウトドアのススメ #5「冬のハイキングにも楽しみはたくさん!」

冬のハイキング、と聞いて親子でどんな遊びができるかイメージできるでしょうか? 親子アウトドアと聞くと、キャンプや山登り、川遊びや海遊びを想像する方のほうが多いかもしれません。でも一歩森や野原に踏み出してみると、冬ならではの楽しみ方というものが意外とあることに気がつくものです。

生きもの探しと植物探し

冬の野原や森には、どんな生きものが隠れているのでしょうか。変温動物のカエルやヘビは冬眠してしまっているので見つけることが難しいですが、そんな越冬に向けてせっせと食べもの探しに余念がないのはリスたちです。

森の小道を歩いていると、左右の木々からガサガサと物音がすることがあります。木の枝をサーカスのように渡り歩いているリスかもしれません。あるいは冬毛をまとったウサギという地域もあると思います。

うってかわって空を見上げれば鳥たちは、そろそろ巣作りにいい場所を探し始めている時期です。どんな鳥がいるかは、地域によって違いますが、鳴き声で判別することもできます。サザンカの花にはメジロが蜜を吸いにきていることも。

蜜だけではなく、木の実を食べる鳥たちもいますね。冬でも小さな赤い木の実をつけるエノキには、ツグミという鳥がきている姿を見ることもできるかもしれません。赤い実といえば、ガマズミ、マユミ、ノイバラ、アオキなど冬の森を彩るさまざまな木の実を見つけることも楽しみのひとつです。

姿かたちも居場所も違う冬の虫

夏から秋にかけて、野原の王者として君臨していたカマキリは、冬になるとヤブのなかでタマゴに姿を変えて見つけることができます。ササやススキのある場所に行くことができれば、きっと茶色くなったカマキリのタマゴを見つけることができますよ。

ダンゴムシやミミズたちは石や朽ちた木々の下に隠れて寒い冬をやりすごしています。ちょっとだけ石をどけてみて、冬を迎えた虫たちの生活を覗き見してみましょう。どけた石や木々は、もとの場所にそっと戻すのがマナーです。

寒い冬でも茶色いバッタを見かけることがあります。ツチイナゴ、といって日本国内では唯一、成虫のまま冬を過ごす虫です。ツチイナゴは寒い冬の季節になると、草の陰に隠れて越冬するので、草原を見つけたら探してみるのも楽しいです。

ツチイナゴは体長が6㎝前後もあり、バッタ科のなかでも比較的大きな虫です。ほかのバッタ科の虫がイネ科の植物を好むのに対して、ツチイナゴはマメ科のクズやアサ科のカナムグラといった広い葉っぱの植物を好みます。

冬の野原は体が喜ぶ楽しみがたくさん

野原や森にでかけると、ある程度の年齢の子どもは生きものや植物などの対象物を楽しむことが多いのですが、年齢の低い子どもにとってはそれだけではありません。日光や風の音、葉っぱを踏みしめる足音など、全身で楽しめることがたくさんあります。

夏には強すぎた日光も、冬には穏やかになり、木々から射す木漏れ日の美しさや、ひんやりとした森の小道を抜けた瞬間のあたたかな陽の光を楽しむのにもってこいです。落ち葉を拾って集めるだけでなく、ただ踏みしめる音も、秋から冬にかけてしか楽しめない感覚のひとつ。

冴え渡る冬のりんとした空気が奏でるヒュウヒュウという乾いた風の音と、夏の湿気をまとったゴウゴウという風の音とは違うことにも、耳をすませると気がつくことができます。

そうそう、冬でも青々とした葉に、かわいらしい花を咲かせているツバキは、葉っぱをまるめて草笛にすることができます。まるめたツバキの葉を、片方つぶして口にはさんで吹くだけでラッパのような音がするので試してみてください。

気持ちのいい天気もハイキングのうち

木陰を探してお弁当を広げた夏や秋のアウトドアとは違って、日差しの下ならどこでピクニックをしても気持ちがいいのは冬ならでは。だからこそ、大切にしたいのは親子アウトドアにでかける日の天気と気温ですね。

前々から計画していても、寒空の下、曇天で冬のハイキングを楽しむのは子どもにとって必ずしも楽しいものではありません。思い立ったが吉日、という気持ちで、天気予報をみて「そうだ、明日ハイキングに行こうか」とチャレンジしてみるのがおすすめです。

もちろん、ハイキングの楽しみは、お弁当やおやつでもいいんです。温かい飲みものを水筒にたっぷり詰めて、甘いジャムとやわらかい食パンをもって出かけるだけで、どんなハイキングも楽しい思い出になること間違いなしですよ。

(絵と文/ジョージ・リバーサイド)

ジョージ・リバーサイド

イラストレーター、エッセイスト。大学院で教育学を学び、現在は2人の小学生を育てる父親。自動車メーカーのアウトドアメディア編集長、教育NPO法人の代表理事、スポーツ用品メーカーのメディア編集長を歴任。
Instagram: @georoge.riverside

SHARE

PROFILE

ランドネ 編集部

ランドネ 編集部

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

自然と旅をキーワードに、自分らしいアウトドアの楽しみ方をお届けするメディア。登山やキャンプなど外遊びのノウハウやアイテムを紹介し、それらがもたらす魅力を提案する。

ランドネ 編集部の記事一覧

No more pages to load

x